2017年04月23日

●和文露訳要覧第206回

出題)「人の助けは要らない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:42 | Comments [5]

2017年04月28日

●和文露訳要覧第207回

出題)「何事にも初めはある」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 23:12 | Comments [5]

2017年04月29日

●和文露訳要覧第208回

最近スカイプで初級のロシア語を教えている。場所代も交通費もかからないし、日本おろか世界中のどこからでもアクセス可能である。ただレッスンの時間をあらかじめ設定するだけである。しかも吹き出しにはロシア語を書くことができ、当然音声も聞けるので非常に助かる。私の方は筆記体も教えているので、筆記体の文字の書き方を教えるのに、画面を使っているが、女性の生徒によっては、着る物とか化粧とかを考えると顔出しはNGという人もいるだろう。生徒が顔出しする必要はまったくないから、それがスカイプで教える上での利点だと思う。

出題)「そんな仕事をやり遂げるくらいなら、やめた方がいい」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:08 | Comments [4]

2017年05月02日

●和文露訳要覧第209回

出題)「彼は老人から許可を得ようなどとは考えもしなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 20:20 | Comments [3]

2017年05月03日

●和文露訳要覧第210回

出題)「人民解放軍の予算は二桁の伸びを示した」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 16:09 | Comments [4]

2017年05月04日

●和文露訳指南第211回

出題)「争った形跡は見られなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:38 | Comments [4]

2017年05月05日

●和文露訳要覧第212回

出題)「いなくなって三日目だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:51 | Comments [5]

2017年05月06日

●和文露訳要覧第213回

体の用法の使い分けにつき、定義を少し変えてみた。

完了体は時間軸の点で語義の動作が完結することを示し、不完了体は時間軸の広がりで語義の動作や状態が起こることを示す

出題)「人々によって達成された文明の度合いは衛生の分野での行政の成功で決められると言っても誤りではない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:11 | Comments [4]

2017年05月07日

●和文露訳要覧第214回

出題)「彼女を起こそうとしたけれど、だめだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:35 | Comments [5]

2017年05月12日

●和文露訳要覧第215回

出題)「それよりこれがいい」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:41 | Comments [4]

2017年05月13日

●和文露訳要覧第216回

出題)「詳細な分析は本稿の範囲外である」をロシア語にせよ

Posted by SATOH at 12:21 | Comments [4]

2017年05月14日

●和文露訳要覧第217回

出題)「作者は50の坂を越えた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:24 | Comments [4]

2017年05月19日

●和文露訳要覧第218回

出題)「サモワールはとても手間がかかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 22:19 | Comments [4]

2017年05月20日

●和文露訳要覧第219回

出題)「定義上ナイーブな政治家はあり得ない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:14 | Comments [4]

2017年05月21日

●和文露訳要覧第220回

出題)「自宅に彼とその妻をかくまうというこの願いをかなえても私に損はない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:16 | Comments [4]

2017年05月26日

●和文露訳要覧第221回

出題)「彼に何かを耳打ちした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 08:30 | Comments [4]

2017年05月27日

●和文露訳要覧第222回

出題)「スリは人の集まる場所で行われる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 08:40 | Comments [4]

2017年05月28日

●和文露訳要覧第223回

出題)「住人達は父祖の職業を受け継いでいる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:17 | Comments [4]

2017年06月02日

●和文露訳要覧第224回

出題)「それは田舎の彫刻の外観のよさを損なってはいない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 20:23 | Comments [4]

2017年06月03日

●和文露訳要覧第225回

出題)「この手術の成功の確率は五分五分だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:29 | Comments [4]

2017年06月04日

●和文露訳要覧第226回

出題)「話を止めるべき時だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:54 | Comments [5]

2017年06月10日

●和文露訳第227回

出題)「二人のブロンド娘がエレベーターに閉じ込められた」をロシア語にせよ。主語が二人のブロンドの男にした場合どうなるかも検討願う。

Posted by SATOH at 11:10 | Comments [4]

2017年06月11日

●和文露訳要覧第228回

出題)タクシーの運転手に「お店を通り過ごして最初の曲がり角を左」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:14 | Comments [6]

2017年06月16日

●和文露訳要覧第229回

出題)「モスクワ中に17隊あった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 20:33 | Comments [5]

2017年06月17日

●和文露訳要覧第230回

出題)「今開演です(始まります)。切符をお求めください」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:54 | Comments [4]

2017年06月18日

●和文露訳要覧第231回

和文露訳で未来の時制を示すには、主観的ニュアンスがなく、直近の未来の場合は予定の用法として不完了体現在形が、直近の未来でない場合は不完了体動詞未来形が、主観的ニュアンスのある場合は完了体動詞未来形が用いられる。

出題)「女性の心臓の具合が悪い」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:38 | Comments [5]

2017年06月23日

●和文露訳要覧第232回

モスクワの救急車の向かう先で一番権威のあるのがИнститут им. Склифосовского スクリフォソーフスキー研究所であることは御存じの方が多いと思う。ロシアでは救急車は消防署の管轄ではなく、救急ステーションである。革命前は救急活動といってもお粗末なものだったが、ソ連時代になってプチコーフПучков А. С.(1887~1952)によりモスクワ救急活動の基礎が築かれた。彼は1940年から1952年までモスクワ救急センターの院長を勤め、モスクワ救急活動の発展に努めた。これは今読んでいる『救急車(同乗)医師のメモ(1940~1953)』Записки выездного врача скорой помощи (1940 – 1953)を書いたヴェセローフスカヤВеселовская Н. К.(1906~1999)による。ヴェセローフスカヤはプチコーフの指導の下、1940年から1953年まで救急車に同乗する医師として活動し、戦前、戦中、戦後の救急活動のみならず、庶民の生活を庶民の立場で記述しているのが興味深い。戦後最初の恩赦(1945年から1946年)では犯罪者が居住許可が出たシベリアの諸都市に向かう途中、モスクワなどの大都市に居座り、犯罪が大幅に増えたことや、1953年3月8日スターリンの葬儀の際の大勢の人が大混雑のため圧死したことなどは知らなかった。

出題)「敵を欺くにはまず味方から」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 08:46 | Comments [4]

2017年06月24日

●和文露訳要覧第233回

出題)「酔っ払いの士官が厚かましくも行列に割り込んだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:38 | Comments [4]

2017年06月25日

●和文露訳要覧第234回

出題)「敵を知り、己を知らば百戦危うからず」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 07:41 | Comments [3]

2017年06月28日

●和文露訳要覧第235回

出題)「彼は素晴らしい詩人になる期待を抱かせた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:43 | Comments [4]

2017年07月01日

●和文露訳要覧第236回

奴隷はраб が一般的で、女奴隷はрабыня と言う。холоп は一族郎党の扱い受ける奴隷で、челядьは戦で獲得した外国人の奴隷、смердは古代の農奴であり、近代ではкрепостнойと言い、закуп は古代において借金のために一時的に奴隷となったもので、рядовичも古代において約定で奴隷となったものを指す。

出題)「公的にはこの日はカレンダー上平日とみなされている」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:38 | Comments [4]

2017年07月02日

●和文露訳要覧第237回

出題)「カーチャは盗みで捕まって、10年の刑を宣告された」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:29 | Comments [4]

2017年07月07日

●和文露訳要覧第238回

出題)「彼らはレジの行列に並んでいる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 20:41 | Comments [4]

2017年07月08日

●和文露訳要覧第239回

出題)「彼は泳ぎが下手で、おぼれ出した」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:22 | Comments [4]

2017年07月09日

●和文露訳要覧第240回

出題)「昼時に会おう」をロシア語にせよ。
   「店は昼休み」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:49 | Comments [4]

2017年07月14日

●和文露訳要覧第241回

出題)「劇場は観客であふれんばかりだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 22:12 | Comments [3]

2017年07月15日

●和文露訳要覧第242回

出題)「万一病気にでもなったらどうするのですか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:23 | Comments [4]

2017年07月16日

●和文露訳要覧第243回

出題)「それゆえクリスマスと新年をつつがなく迎えられ、お過ごしになられることをお祈りいたしまして閉会とさせていただきます」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:32 | Comments [4]

2017年07月17日

●和文露訳要覧第244回

前回の出題を例にとって、遂行動詞と完了体未来形の近接未来完了の用法の違いを説明する。

Если у нас нет каких-то дополнительных замечаний, я закрою это заседание, но прежде позвольте мне поблагодарить вас за присутствие.(他に何かコメントがなければ、閉会しますが、その前にご出席されたことに感謝申し上げます)<закроюと発話した時点では閉会していないことが分かる>
(ご出席賜ったことに感謝申し上げます)Разрешите (Позвольте) выразить Вам благодарность за присутствие. = Благодарю Вас за присутствие. <Разрешите (Позвольте) ...は公的な表現と言える>

出題)「ドイツは当然の報いを受けた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:53 | Comments [4]

2017年07月21日

●和文露訳要覧第245回

以下выの使い方について書いておく。
・ 手紙やメールでは文中であっても語頭は大文字(Вас, Вам, Вами)にするのが普通である。
<以下выが単数を意味する場合の用法>
・ 動詞は二人称複数形を使う。
Вы читаете?
Вы читали?
・ 形容詞長語尾との組み合わせの場合、単数を用いる。
Вы такой добрый.
Вы такая добрая.
・ 形容詞(形動詞)短語尾との組み合わせの場合、複数を用いる。
Вы правы.
<これらは語調の関係(ы/ы, ы/и)であろうと思われる>

出題)「超過(重量)料金も馬鹿にならない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:13 | Comments [5]

2017年07月22日

●和文露訳要覧第246回

『和文露訳要覧』8-4項後半も下記のように修正させていただく。

в чём 構文も同様に、主語とイコールではなく、知識(問題など)の内容(中味)を意味する。もしイコールということであれば主語の定義となり、論理的におかしい。またв чёмの代わりとしてгдеは使えない。なぜならгдеは所在(内在/外在 = в чём/на чём)を示し、必ずしも内在するもの(中味、内容)を示すものではないからである。

(生きるか死ぬか、それが問題だ)Быть или не быть, в чём вопрос. <ロシア語では問題の中味は何かと問うているのに対し、英語ではTo be or not to be, that is a question.と、ロシア語との差が明確である>
(どういうことだ)В чём дело? <= Что случилось?>
(サムソンの力(の源)は彼の髪の毛にあった)Сила Самсона заключалась в волосах его.
(すべての宗教的教義の本質は愛にある)Сущность всех религиозных учений – в любви.
(神は愛である)Бог есть любовь. <主語と述語の一致>
(愛は神にある)Любовь в боге. <愛は神の中にある>

出題)「あわてたせいで間違いも多かった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 15:50 | Comments [4]

2017年07月23日

●和文露訳要覧第247回

私の見る限り、村上春樹の小説のプロットは平板な描写のプロットとショッキングでドロドロしたプロットが交互に入れ替わり、終盤で交差するというもので、そのコントラストで読ませているように思う。そのバランスが取れているかどうかが、作品の出来を左右しているように思われる。

出題)「クラブの会員はすぐに敵味方に分かれた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 14:28 | Comments [4]

2017年07月28日

●和文露訳要覧第248回

(それはサモーイロフだった)Это была Самойлова.
上の文のЭтоは露露辞典によると、несогласованное подлежащее(文法的不一致主語の)無変化中性名詞とある。個人的には指示のニュアンスを持つ形式主語(文法上および意味上の主語はСамойлова)で、語調を整えるためのものだと考えている。

出題)「平泳ぎ予選1位はだれでしたか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 17:19 | Comments [6]

2017年07月29日

●和文露訳要覧第249回

ロシア語でサンマはсайраであり、ギリシャ語由来である。全くの偶然だが、日本語の古語でサンマはサイラと呼ばれ、その名残として関西方面では今も使われているという。

出題)「それはやりがいがある」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:30 | Comments [4]

2017年07月30日

●和文露訳要覧第250回

「~するのを始める」(~し始める)は動詞 + 不定形の組み合わせであり、この場合の不定形には不完了体が来るのに対し、動詞は状況に応じ完了体・不完了体のどちらかが使われる。「~するために出発する」も同様である。この不定形に不完了体のみが使われるのは、動作の全一性(その動詞の語義の動作の初めから終わりまで)を示さないからである。これは「~するのを終える」(~し終える)、「~し続ける」という場合の不定形に不完了体が使われるのと同様である。ただし「~し続ける」の「続ける」продолжатьには不完了体不定形が来るが、対応の完了体продолжитьは不定形ではなく、動名詞を取る。それとпродолжитьには一旦終了した動作を再開するというニュアンスがある。

(よろしかったら服を着てそれらを探しに行きますよ)Хотите, я оденусь и отправлюсь их искать.
(翌朝父は通りがかりの車か荷駄を捕まえにどこかへ出かけた)Наутро отец отправлялся куда-то ловить попутную машину или подводу.

出題)「それは今必要であり、後では遅い」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:48 | Comments [4]

2017年08月05日

●和文露訳要覧第251回

идти やехатьにはпойтиやпоехатьと違って始発の意味がないと書いたが、それでは次のような文はどう理解すればいいのだろう?

(1時過ぎに馬車で行くことになっている)Во 2-м часу я еду.

 これは不完了体現在形の予定の用法であることは明らかである。この場合は1時過ぎには馬車に乗っている予定(原文はСибирские тетради (1862 - 1866), Кропоткин, Common place, 2016, 91 page)だという意味であり、スタートするという意味ではない。不完了体は時間軸の一点を示す動作を表現できないのだから、この場合は期間を示していることになる。

出題)「(優)良書というのは読むごとに自分にとって新たな発見があるものである」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 17:06 | Comments [4]

2017年08月06日

●和文露訳要覧第252回

年鑑「日本」Ежегодник Япония 2016を読んだ。その中で「日ロ貿易150年」、「榎本武揚」、「黒沢明」、「日ロの民族アイデンティティー第2部」(特に世論調査を駆使した1991~2015年の項)に関する論文は非常に興味深い。巻末に論文の応募要項が載っていて、その中に省略の仕方について載っていた。参考になると思うので、ご案内する。ГОСТ Р 7.0.12-2011「情報および出版業に関する規格体系、書誌学的メモ、ロシア語の単語や語結合の省略、総則」に準拠するとある。
1. 年はг.またはгг.とし、годやгодыとはしない。
2. 世紀はв.またはвв.とし、векやвекаとはしない。
3. т. д.、т. е.、т. п.と略してよいが、точкаのあとは1文字あけること。
4. см.、др.、пр. と略してもよい。
5. 世紀の数字部分はローマ数字を使う。Ⅲв. до н.э.、ⅩⅨ в.
6. 千や百万の単位は1文字分開けて表現する。4 000 544 322や2 570などとし、000をтыс. 、млн.、 млрд.、трлн.に代えてもよい。<しかし、その前のページでОбъем статей: от 30.000 до 50.000 знаков.とあり、矛盾しているところもある>
7. %はпроцентとはせず、記号を書き、数字と%の間は1文字あける。75 %
8. 貨幣単位には記号を用いず、долл.、руб.、ф.ст.などとする。

出題)「それは一見の価値がある」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:52 | Comments [4]

2017年08月10日

●和文露訳要覧第253回

出題)「チタが州都となってから今日で11年」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:10 | Comments [4]

2017年08月11日

●和文露訳要覧第254回

出題)「お宅にお伺いしたのですが、いらっしゃいませんでしたね」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:38 | Comments [5]

2017年08月12日

●和文露訳要覧第255回

プリスタフキンПриставкинという作家に自伝的色彩の濃い、邦訳もあるНочевала тучка золотаяという名作がある。ずいぶん前に読んだのだが、この映画の題名の邦訳が『金色の雲は宿った』となっているのが気になっていた。ночеватьは完・不完同形の動詞で、не ночевал(а, о, и)というのは、熟語で「影も形もない」という意味であり、この場合は完了体の結果の存続の用法であろう。映画は見ていないが、小説の結末を考えると、小さな黒雲の背後に太陽があり、そのため黒雲(不安の象徴であろう)の周囲が金色に彩られているということから、題名は「(不安の中に)一筋の光明(がなくもない)」というニュアンスのように思える。

出題)「この時期に日本はGDP額において中国に抜かれた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:48 | Comments [4]

2017年08月13日

●和文露訳要覧第256回

быть動詞の否定には生格を用いるのだが、主格が出てくる場合もある。この違いについてパードゥチェヴァПадучева先生の所説に従って説明する。

1. (父は海辺にいた)Отец был на море. <「父は海辺に行った」とも訳せる>
1a.(父は海辺にいなかった)Отца не было на море. <存在の否定の可能性>
1b.(父は海辺に行かなかった)Отец не был на море. <所在の否定>

1bと違い、1aでは父が「海辺にもいない」、つまり死んでいる可能性もあり得る。1b.のように否定で主格が用いられる場合、主語は通常は活動体であるが、下記のような例外もある。

(このスーツはそのクリーニング店にはなかった)Этот костюм не был в химчистке. <他の店にはある>

出題)次の露文をできるだけオチが分かるように和訳せよ。
Случай в раю.
- Господи, тут к вам атеисты!
- Скажите им, что меня нет.

Posted by SATOH at 10:50 | Comments [4]

2017年08月18日

●和文露訳要覧第257回

パ-ドゥチェヴァПадучева先生のбыть動詞の否定表現に関する基本的な考え方を補足する。

Петя: Почему Вани не было в школе?
Мама: Ваня не был в школе, потому что мы ходили к врачу.
ペーチャ、「どうしてワーニャは学校にいなかったの?」
ママ、「ワーニャは学校に行かなかったの。一緒にお医者さんのところに行って来たからよ」
※ ходили = ушёл и пришёл(往復動作動詞)
最初の文は観察者の視点と呼ばれ、ワーニャが学校にいないという学校にいる何人もが知っていたことを指す。二番目の文にはそれが欠けている。

出題)「幾晩もよく眠れない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:13 | Comments [4]

2017年08月19日

●和文露訳要覧第258回

出題)「何人かは検事の意見に屈しなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:34 | Comments [4]

2017年08月20日

●和文露訳要覧第259回

出題)「豊作は見込み薄」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 15:11 | Comments [4]

2017年08月25日

●和文露訳要覧第260回

ロシア帝政末期に皇室に影響を及ぼしたラスプーチンРаспутинについては、映画にもなり、知る人も多いと思う。ラスプーチンは無学であり、彼の書いた手紙などにそれがもうかがわれる。
Доктору Батмаеву (正しくはБадмаеву) егералу (正しくは, генералу) Курлову.
Ето (正しくはЭто) ваш помогите ему милой дорогой извиняюсь
Григорий
このラスプーチンに幾分かは影響を与えたのがチベット医学(日本で言えば漢方医学のようなもので、薬草の処方を重視するという)を看板にしたバドマーエフБадмаев(1851~1920)である。彼はブリヤート人だが、ペテルブルグ大学でロシア正教に改宗した。その時のゴッドファーザーが後のアレクサンドル3世(ニコライ2世の父)であり、アレクサンドル3世の治世からシベリア鉄道建設(特に中国・チベット方面)の利権屋、山師として暗躍していた。蔵相のウィッテも元鉄道技師、鉄道大臣であり、初めは乗り気であったものの、あまりに金、金、というもので、アレクサンドル3世同様相手にしなくなった。そのため初めは反目していたラスブーチンに接近し、ニコライ2世に働きかけるようになった。その折、彼は中国、モンゴル、チベットでは、白帝белый царьの伝説があり、ブリヤートの反逆者シェリデ・ザンギというものが1730年ごろロシアとの国境で清に斬首された時に、首がロシアの方へ飛んだなら(実際そうなったという)、全モンゴルは白帝の領有となると予言したと言い、この伝説を元にニコライ2世に鉄道建設を働きかけたという。

 バドマーエフはウィッテにもニコライ2世にも、その妃にも、娘たちにも手紙を書いているが、有名な皇女アナスタシーヤ(ロシア語の発音ではアナスターシアではない)に宛てた1917年2月18日付の手紙で、「貴女は本を読むのが嫌いなようだが、自分の書いた本を献呈するのでよく読みなさい。その本にはロシアの優れた詩人の詩も収めているので、役に立つでしょう」などと書かれている。オリガ皇女やマリヤ皇女への手紙を見る限り、この二人はよく勉学をしているとほめている。

出題)「これらの若者たちは女には全然もてない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 12:21 | Comments [4]

2017年08月26日

●和文露訳要覧第261回

スカイプを使ってロシア語を一人の方に教えているが、生徒の飲み込みも早いこともあって、思った以上に進んでいる。アルファベットを読むのから始め、ロシア語会話集を使って会話の勉強をしていたのだが、飽きるらしく、文章を読みたいとの希望が出た。初級者でも読めるものと言うと、児童文学や会話集の対話となるのだが、内容的につまらない。そこで小話を適当に見つくろって、教えている、かなりポルノがかったものもあるのだが、生徒が男性なのだからか、こちらもあまり気を使わなくてよい。小話のオチの理解にはロシア人庶民生活の背景の理解が不可欠であり、これは辞書や参考書には載っていない。ご自分で研究社の露和辞典を購入して、下調べをしてくるくらいやる気満々で、一応2カ月目でオチの理解は別にして、小話を一通り訳してくるのだから語学に堪能な人なのだろう。こういう小話を利用したロシア語学習法も生徒を飽きさせないという意味では一考の価値があると思う。小話はオチが分かっても面白いものは少ない。なぜなら万国共通の小噺のオチはだいたい流布しているし、ソ連やロシアの庶民の生活を背景にしたものは、実際に住んでその境遇にならないと分からないからだ。しかし、訳で読んでぱっとしないオチだなと思っても、ロシア語でオチを理解できた時の痛快さはやってみた人でないと分からないだろう。個人的には特にダジャレが分かった時に一番楽しい。ロシア人を理解するうえでの一番の近道は小話のオチの理解だと思っている。

出題)「だって私は人妻よ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 07:51 | Comments [4]

2017年08月27日

●和文露訳要覧第262回

出題)「このテーマはさらなる研究がまたれるところです」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:19 | Comments [5]

2017年09月01日

●和文露訳要覧第263回

モスクワっ子はмосквич, москвичкаであり、パリっ子はпарижанин, парижанкаである。そこでついでに江戸っ子をロシア語で何というか調べてみた。都市住民の名称については、Русские названия жителей, словарь-справочник, Городецкая/Левашов, АСТРЕЛЬ/АСТ, 2003という好著があり、ロシアの都市以外にも、世界主要都市の住民のロシア語名も含め、全部で14,000項目載っている。これによればэдосец, эдосцыで、力点はэにあり、用例もある。女性形はтокийец, токийцыと同様にない。ちなみにロンドン子はлондонец, лондонкаで最初のоに力点が来る。ローマっ子はримлянин, римлянкаでこれも最初のиに力点があり、яに力点を置くのは廃用とある。

出題)「この法律は厳罰化の方向で改訂された」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:54 | Comments [4]

2017年09月02日

●和文露訳要覧第264回

出題)「私のことを買いかぶっておられます」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 18:04 | Comments [4]

2017年09月03日

●和文露訳要覧第265回

出題)「奴らを甘く見るな」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:40 | Comments [4]

2017年09月09日

●和文露訳要覧第266回

Русские названия жителей, словарь-справочник, Городецкая/Левашов, АСТРЕЛЬ/АСТ, 2003の付録1に借用語としてэдокко(江戸っ子)が載っていたので補足させていただく。力点はэであり、用例も載っていたが、知っているのは日本の江戸時代によほど興味があるロシア人くらいだろう。巻末にモスクワ、ペテルブルグ、ウファー、極東、ボルガ川沿岸の住民の名称の由来に関するスケッチ(素描)がついているが、これも興味深い。特にモスクワは古代においてはモースクワと発音され、その住民もмосквитянин(力点はви), московецなどいろいろなバリエーションがあり、その中からмосквичが残ったというのは初耳である。

出題)「終わりにあたって、ご出席の皆様の健康を祈って乾杯」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:05 | Comments [4]

2017年09月10日

●和文露訳要覧第267回

出題)「今俺がすべておぜん立てしてやる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 14:48 | Comments [4]

2017年09月16日

●和文露訳要覧第268回

出題)「もういい、プレーするのはやめる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 11:29 | Comments [4]

2017年09月17日

●和文露訳要覧第269回

出題)「黙って言われたことをしてくれませんこと!」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 08:47 | Comments [5]

2017年09月23日

●和文露訳要覧第270回

出題)「体を粗末にしてはいけない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 10:03 | Comments [0]