2020年01月23日

●和文露訳要覧第542回

Женяさんからご指摘があったのですが、第540回でпринести результатыという語結合はないとコメントに書きましたが、語結合辞典のприноситьの項をチェックし忘れていました。この語結合は可能です。この場を借りてЖеняさんにお礼申し上げるとともに、皆様にお詫びいたします。

出題)「彼じゃまわりに示しがつかない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [0]

2020年01月21日

●和文露訳要覧第541回

『和文露訳要覧』4-1-1-2を下記のように訂正した。ご参考まで。
4-1-1-2 述語に文の焦点(中心的意味や役割)が来ない場合

 動作事実の有無の確認というのは、動詞が主観的ニュアンスを持たないということで、文中の述語に文の焦点が来ずに、補語や主語に来るということになる。未来の時制では、文の焦点がどこにくるかを見た方がどの体を用いるかが分かりやすい。不完了体動詞未来形を使うのは、述語に文の焦点が来ないときであり、それを目印にした方がよい。これは刺身のつまのような用法で、不完了体の特徴である回りの雰囲気に合わせて動作を行うという意味の用法である。不完了体は主観的ニュアンスのない、動作そのものを示す(叙実的なニュアンス)であるのが本義なので、既存の事実の有無の確認という概念の延長上にある用法であろう。つまり、この用法は過去の時制の不完了体動詞過去形の動作事実の有無の確認の用法や不完了体命令法の促しの用法の類推から、未来の動作事実の有無の確認の用法となったものだと思われる。
 これから行われる(ないしは行われない)動作が問題となっている以上、動作事実の有無の確認に見かけ上意図というニュアンスがあるように感じられ、文脈によっては、意図(~するつもりである)という風に理解されることもあるが、ただ動作事実の有無を確認しているに過ぎないのである。なぜならこのような不完了体動詞未来形の見かけ上の意図の用法は、完了体のように新しい事態や情報が出てくる場合に使われる、というような主観的ニュアンスはない。回りの雰囲気や状況を無視して、勝手に「~するつもりです」とは使えないのである。

(止まれ、撃つぞ)Стой! Стрелять буду!

上記の文は意向を示す文だが、Стой!「止まれ」(促しの用法で5-1-1項参照)に文の焦点があるのは明らかであり、止らなかったら、そういう文脈のもとではこれから撃つという未来の事実を述べているに過ぎないということであり、それゆえ不完了体動詞未来形が来ている。
 動詞に焦点が来ない、つまり話し手の注意が、場所、時間、動作の主体、手段や様態に向けられている時には不完了体が用いられるのである。対話ではすでに言及された動作を名指す(示す)のである。

(何に乗ってお出かけですか?)На чём вы будете ехать?
(歌い始めはだれですか?)Кто будет начинать песню?
(今晩何をなさるおつもりですか?)Что вы будете делать сегодня вечером?
(何をお飲みになりますか?)Что вы будете пить?
(何を召し上がりますか?)Что вы будете есть?

 最後の二つの文はレストランなどでよく聞く表現だが、単なる動作事実の有無の確認であり、また文の焦点が動詞ではなくчтоにあるためと、動詞は刺身のつまのようなものなので不完了体動詞未来形が使われている。この他に不完了体が来る理由として考えられるのは、回りの雰囲気を読むということであり、レストランに入ったら飲み食いするのは当然であるということから、不完了体が出てくるのだろう。さらに、最後の文で完了体のсъестьを使うと「全部食べる」という意味になってしまって、意味が違ってくるということもある。不完了体が使われるのは、不完了体の出現を促すいろいろな要素がこのように複合的に絡み合っている場合もあると思われる。

(コーヒー飲むかい?)Кофе будешь? <питьが省略されているが、日常会話ではよく使い、「君はコーヒーかい?」とも訳せるので、それならウナギ文(9-10-2項)の一つである>

出題)「未成年が刑事責任の対象となったのは16歳からだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2020年01月17日

●和文露訳要覧第540回

Женяさんから第536回のотметкаの語結合について問い合わせがあったので、お詫びとともにご説明いたします。отметкаは語結合辞典にはあるのですが、数字との語結合については記載ありません。そこで私の語彙集から拾ってみました。

Кто первым прошёл отметку 500 метров?(500メートル地点を誰がトップで通過しましたか?)
находится на отметке 1143 метра(標高1143メートルのところにある)
перевалив за отметку 50%(50%のラインを越えて)
Стрелка спидометра подобралась к отметке "120".(速度計の針は120の目盛に近づいた)

(Цена) поднялась до отметки в 81,24 доллара. 〔(価格は)81.24ドル(のところ)まで上昇した〕
ниже отметки в 20%(20%のレベルより低い)
Заказы не спускались ниже отметки в 1 трлн. Иен.(発注高は1兆円の大台を割らなかった)

色々調べてみましたが、数量や大きさを示すв + 対格(主格ではない)が文法的には正しく、Дом в два этажа(二階建ての家)と同じ用例だと考えます。このвは岩波や研究社の露露でも現代語ではしばしば省略されるとあるので、最初の3例文は省略されたものでしょう。4例目はそのまま対格が来るのはどうかなと考えてアポストロフィーをつけたのでしょう。つまりотметка + 生格と書きましたが、これは間違いです。ここにお詫び申し上げます。アカデミー版露露では数量のвは対格または前置格が来るとだけあり、省略については言及がありません。ただ話し言葉ではвはほとんど聞き取れないというのも事実です。Что это за книга?のкнигаは主格ですが、この表現はドイツ語からの借用のようで、岩波ではзаは助詞とありますが、アカデミー版にはчтоの項目が出版されていないので何とも言えません。

в + 前置格の例(アカデミー版露露によるが、対格と前置格の使い方の別については説明なし)
напечать в четырёх экземплярах(岩波にも研究社にも記載ないが、動詞が来ているためと大きさを示す名詞がないからだろうか?)
комедия в трёх актах(акт = действие幕という意味だが、動作に関する名詞だからか?)
в двух шагах от дома(岩波や研究社では空間的隔たりとか距離という説明はある)

出題)「すべての措置が宙ぶらりんのままとなり、何の結果ももたらさないことになる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2020年01月13日

●和文露訳要覧第539回

『起源図鑑』グレアム・ロートン著、ジェニファー・ダニエル絵、佐藤やえ訳、デイスカヴァー社、2017年
 知的興奮を起こさせるような本を良書というのであれば、本書は私が今まで読んだうちでベストである。サブタイトルにビッグバンからへそのゴマまでほとんどあらゆることの歴史とあるように、蒙を啓かれた思いである。一番驚いたのはアリの一種には性が三つあるものがあり、それは女王アリと二種のオスである。女王アリは働きアリを生むためにオスの一種と交接し、別の女王アリを生むために別のオスと交接するとある。

出題)「しかし強い酒をあきらめるつもりのなかった住民は、ウオッカがなければ密造酒で有り余るほど補った」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2020年01月09日

●和文露訳要覧第538回

出題)「1929年3月中旬までに61名の売春婦が調査された」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2020年01月07日

●和文露訳要覧第537回

出題)「1920年代後半において浮浪児が社会にとって重大な犯罪問題となりだしたというのも偶然ではない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2020年01月02日

●和文露訳要覧第536回

С Новым годом!

出題)「1929年のソ連の失業者の公式数字は200万人の大台に近づいていた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [12]

2019年12月30日

●和文露訳要覧第535回

出題)「汽車の進行方向とは反対(逆)にすわっていた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年12月27日

●和文露訳要覧第534回

出題)「敵の敵は味方」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年12月24日

●和文露訳要覧第533回

前回の出題に関連して、постепенноは動作が終了しているのであれば完了体を取ることは、『和文露訳要覧』2-1-7項で触れているが、お持ちの方もほぼいないと思うので、念のため下記する。

исподволь, мало-помалу, медленно, постепенноは過程なら不完了体が来るが、動作完遂を意味する場合には完了体が来る。3-1-1-1項の最後の例文もそうである。

(古代の自然神は徐々に、国家の守護者である国家の神に変わった)Древние боги природы постепенно превратились в государственных богов – покровителей государства.
(ゆっくりと、苦しげに彼はベッドから起きた)Медленно, мучительно он встал с постели.
(どれにも触っちゃいけないし、ものや人は見るだけはいいということがだんだん分かってきたИ мало-помалу он понял, что ничего нельзя трогать, можно только смотреть на вещи и людей.
(時と共に有線放送は過去のものとなる)Со временем проводное вещение отойдёт в прошлое. <未来の時制でも同様である>

出題)「この記録はいまだ破られてはいない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年12月20日

●和文露訳要覧第532回

出題)「徐々に労働者の抗議の原因は明らかに経済問題の方にシフトした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年12月16日

●和文露訳要覧第531回

出題)「無秩序と、ストの波が国内の多くの地域に波及した」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年12月13日

●和文露訳要覧第530回

出題)「1919年1月だけでもかれらは殺人と暴力を伴う60件もの大胆な武装襲撃を行った」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年12月09日

●和文露訳要覧第529回

出題)「その土地は水はけがよい」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年12月05日

●和文露訳要覧第528回

出題)「売春の問題は以前のようにわきに追いやられた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年12月03日

●和文露訳要覧第527回

под водойは「水中に、水中で」という意味で、このвода = поверхность рек, озёр, морей и т.п. である。つまり意味的には「川、湖、海などの水面下で」ということになる。上から水面下を眺めている感じか。ただ水面は水面でも、一定以上のかなり大きな水量の水面ということであり、水の入ったコップの水面ということにはならないだろうが、プールには使えそうだ。
держаться на воде(水に浮かぶ)
скрыться под водой(水中に隠れる)
уходить под воду(水中に沈む)
А сколько времени ты можешь оставаться под водой?(水中にどのくらい長くいられるか?)
скорость под водой(水中速度)
высокая (низкая) вода 高い(低い)水位
ходьба в воде (по воде)(エクササイズとしての水中ウォーキング、水中歩行)
хождение в воде по грудь(胸まで水につかってのウォーキング)
というのがあり、このводаも(プールなどの水面)ということで、上半身や、少なくとも顔は水面上に出ていると推測される。
他にもпод водой = на дне реки и т.п.(川底に)のように「水底に」という意味もある。ただ水面下でなく、文字通り水中というということなら、погружаться в воду(水に沈む)となる。в водеは使わないのかというと、содержание в воде кислода(水中の酸素含有量)という表現も見かける。

出題)「約束したことは守る」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年11月28日

●和文露訳要覧第526回

出題「タバコはもう喫わないと約束します」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年11月26日

●和文露訳要覧第525回

出題)「彼はとても顔が広い」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年11月22日

●和文露訳要覧第524回

出題)「他に何か症状はありますか? 」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年11月19日

●和文露訳要覧第523回

出題)「彼とは3年越しの付き合いで、その間ずっとひそかに恋焦がれていた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年11月15日

●和文露訳要覧第522回

出題)「2月12日、旅の33日目にその場所に我々はたどりついた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年11月12日

●和文露訳要覧第521回

『ロシア文化全史』ソロモン・ヴォルコフ、今村朗訳、河出書房新社、2019
表題のロシア文化全史というのは世界に影響を与えることができたという意味でのロシア文化であろう。つまり20世紀初頭以降の帝政ロシアやソ連の、世界に影響を与えた文化の通史である。かねてよりソ連が公式には「労農」を掲げていたのにもかかわらず、新農民詩人のリーダーであるエセーニンがなぜ迫害を受けたのか気になっていたのだが、本書でようやく氷解した。本書によると、農民出身の作家たちに対し、当局ははるかに懐疑的態度を取った。ゴーリキーは農民を嫌い恐れていたが、それは全ロシアを渡り歩いた民衆出身者として、農民の本当の姿を知っていると考えており、彼の目には農民は暗い保守的な勢力であり、同時に怠慢で残酷であると映っており、一貫して反知性的なものであり、農民社会の動物的個人主義、そこにおける共同体的な感覚のほぼ完全なる欠如があるとみなしていた。
 当代一の文学評論家であったドミートリー・スヴャトポルク・ミールスキーはエセーニンについて、できの悪い詩が多く、完璧なものはほとんどないが、作品は魅力にあふれ、琴線に触れるものであることや、音楽性において独特の国民的哀愁があると述べているとある。最後の皇后アレクサンドラもエセーニンの詩のファンだとは知らなかった。
 ゴーリキーはロシアの民衆について、「世界で最も罪深く、汚らわしい国民だ。善悪の区別がつかず、ウオッカに毒され、冷笑するかのような暴力によって心が歪み、醜悪なほど残酷である。それでいて情に厚く、つまるところ、才能にあふれた人々なのだ」と書かれている。
ほかにも1950年代にドイツからの戦利品として欧米の映画が多数ソ連で上映されたが、その中でターザン4部作が非スターリン化を大いに促進したとあるのは興味深い。

出題)「物心ついて以来彼らは私たちの友人だった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年11月07日

●和文露訳要覧第520回

出題)「輸血をしたことがありますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [17]

2019年11月05日

●和文露y買う要覧第519回

出題)「道路が寸断された」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [16]

2019年10月29日

●和文露訳要覧第518回

出題)「市場は上げ(基調)一色だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月24日

●和文露訳要覧第517回

出題)「我々の勝算はどのくらいだとお考えですか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年10月21日

●和文露訳要覧第516回

出題)「彼の最後の手紙には多くのことを考えさせられる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月17日

●和文露訳要覧第515回

出題)「責任の所在はどこにあるのか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月14日

●和文露訳要覧第514回

出題)「人払いを願います」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年10月11日

●和文露訳要覧第513回

出題)「彼とはそれっきりだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]