2019年11月22日

●和文露訳要覧第524回

出題)「他に何か症状はありますか? 」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [0]

2019年11月19日

●和文露訳要覧第523回

出題)「彼とは3年越しの付き合いで、その間ずっとひそかに恋焦がれていた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年11月15日

●和文露訳要覧第522回

出題)「2月12日、旅の33日目にその場所に我々はたどりついた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年11月12日

●和文露訳要覧第521回

『ロシア文化全史』ソロモン・ヴォルコフ、今村朗訳、河出書房新社、2019
表題のロシア文化全史というのは世界に影響を与えることができたという意味でのロシア文化であろう。つまり20世紀初頭以降の帝政ロシアやソ連の、世界に影響を与えた文化の通史である。かねてよりソ連が公式には「労農」を掲げていたのにもかかわらず、新農民詩人のリーダーであるエセーニンがなぜ迫害を受けたのか気になっていたのだが、本書でようやく氷解した。本書によると、農民出身の作家たちに対し、当局ははるかに懐疑的態度を取った。ゴーリキーは農民を嫌い恐れていたが、それは全ロシアを渡り歩いた民衆出身者として、農民の本当の姿を知っていると考えており、彼の目には農民は暗い保守的な勢力であり、同時に怠慢で残酷であると映っており、一貫して反知性的なものであり、農民社会の動物的個人主義、そこにおける共同体的な感覚のほぼ完全なる欠如があるとみなしていた。
 当代一の文学評論家であったドミートリー・スヴャトポルク・ミールスキーはエセーニンについて、できの悪い詩が多く、完璧なものはほとんどないが、作品は魅力にあふれ、琴線に触れるものであることや、音楽性において独特の国民的哀愁があると述べているとある。最後の皇后アレクサンドラもエセーニンの詩のファンだとは知らなかった。
 ゴーリキーはロシアの民衆について、「世界で最も罪深く、汚らわしい国民だ。善悪の区別がつかず、ウオッカに毒され、冷笑するかのような暴力によって心が歪み、醜悪なほど残酷である。それでいて情に厚く、つまるところ、才能にあふれた人々なのだ」と書かれている。
ほかにも1950年代にドイツからの戦利品として欧米の映画が多数ソ連で上映されたが、その中でターザン4部作が非スターリン化を大いに促進したとあるのは興味深い。

出題)「物心ついて以来彼らは私たちの友人だった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年11月07日

●和文露訳要覧第520回

出題)「輸血をしたことがありますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [13]

2019年11月05日

●和文露y買う要覧第519回

出題)「道路が寸断された」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年10月29日

●和文露訳要覧第518回

出題)「市場は上げ(基調)一色だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月24日

●和文露訳要覧第517回

出題)「我々の勝算はどのくらいだとお考えですか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年10月21日

●和文露訳要覧第516回

出題)「彼の最後の手紙には多くのことを考えさせられる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月17日

●和文露訳要覧第515回

出題)「責任の所在はどこにあるのか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月14日

●和文露訳要覧第514回

出題)「人払いを願います」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年10月11日

●和文露訳要覧第513回

出題)「彼とはそれっきりだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年10月08日

●和文露訳要覧第512回

出題)「忙しさにかまけて集会に出席できなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [12]

2019年10月03日

●和文露訳要覧第511回

出題)「この話はなかったことにして下さい」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年10月01日

●和文露訳要覧第510回

出題)「最初の電車が車庫から出るのは朝の5時半だった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [10]

2019年09月27日

●和文露訳要覧第509回

出題)「悪気はなかったんです」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年09月24日

●和文露訳要覧第508回

出題)「部屋は長さ6メートル、横4メートルだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年09月20日

●和文露訳要覧第507回

最近『英語の歴史から考える英文法の「なぜ」』朝男幸次郎、大修館書店、2019を読んだ。
古英語さえ名詞の格は4つと少ないから、英語学習者にとってはややとっつきにくいかもしれないが、我々ロシア語学習者にとっては何ということもない。helpが与格を取っていたのはその意味がgive assistance or support toであるからなど、同じ語族のロシア語を学ぶ我々にも参考になる。このほかにも、「未来において「…である」ということは、とりもなおさず「…になる」ということと同義」とか、現在形で未来を表す用法、現在完了などこれまで文法書に書かれていなかったことが分かりやすく説明されている。このほかにも『英語の感覚』(上下2巻)、大津栄一郎、岩波新書、1993年なども文法(特にitの用法や現在完了の説明など)に興味がある方には役に立つと思う。

出題)「以前なにか大病をされたことがありますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年09月17日

●和文露訳要覧第506回

на + 対格は方向を示すと書いたが、これを敷衍すれば時間的用法として、作用の及ぶ範囲、予定などを示すことができることになる。

план на пять лет(<今後>5年間の計画)

出題)「電話はずっと前から使えない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年09月12日

●和文露訳要覧第505回

『和文露訳要覧』に追記する。
10-9-3 主な前置詞の本質的意味
場所に関して言えばвには対格と前置格を取る用法があり、対格を取れば方向(~中へ)を、前置格なら位置(~中で)を示す。対格の方を突き詰めて考えると、一点に向けての動作の方向となる。

глядеть в небо(空の一点を見つめる)
глядеть на небо(空全体に目を向ける)<このнаは動作の到達点ではなく、方向のみを示す>
Поезд на Ригу подходит.(リガ方面の列車が参ります)<このнаは動作の到達点ではなく、方向のみを示す>
гулять в лесу(森を散歩する) <森の中の小さな区域が対象>
гулять по лесу(森中を散歩する) <森の領域すべてが動作の対象>
стрелять по противнику(敵の隊列に発砲する)<動作の対象が広範囲>
стрелять в противника(一人の敵めがけて発砲する)<動作の対象が一点>
полететь по воздуху вверх(空へ舞い上がる)<поは動作の対象が広範囲のため、二次元(面)および三次元(空間)における動きを示す>

これを時間の用法に援用すれば、対格の方は、時間軸の一点を指し示すわけだから、その瞬間を示すことになる。

в этот момент(この瞬間に)
в последнее время <最近という一定の瞬間>
за последнее время <期間としての最近>
во вторник(火曜日に) <火曜日を期間ではなく、時間軸の一点としてとらえていることになる>

 一方前置格の方は「~中で」から「期間内で」という意味になる。
в январе(1月に、1月という期間内に)

наは前置格と結びつくと面上の位置、つまり広がりを持った位置を示し、対格と結びつけば面上の方向を示す。вは「~中で」という限定された場所を示すので、в поле(広野の中で)とна поле(広野で)のように使いわけが可能である。同様にво двореなら「中庭で」であり、на двореなら「家の外で」ということになる。

出題)「飛行機がよければ売れる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [12]

2019年09月09日

●和文露訳要覧第504回

出題)「物が二重に見えますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年09月05日

●和文露訳要覧第503回

出題)「彼は東京に行ってからとんぼ返りする」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年09月02日

●和文露訳要覧第502回

出題)「(1万メートル走などで)選手たちは何周目ですか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年08月29日

●和文露訳要覧第501回

出題)「(ボクシングで)この選手は何勝をあげましたか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年08月23日

●和文露訳要覧第500回

出題)「圧力を加える側には逆効果となるかもしれない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年08月20日

●和文露訳要覧第499回

出題)「ロシアはこの件では日本の言いなりだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [11]

2019年08月16日

●和文露訳要覧第498回

出題)「一連の項目は現在に至るまでその現実性を失ってはいない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [8]

2019年08月12日

●和文露訳要覧第497回

出題)「すべての非は私にある」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年08月09日

●和文露訳要覧第496回

出題)「彼は見るに見かねて応分の援助をした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [9]

2019年08月06日

●和文露訳要覧第495回

出題)「家を出る時は戸締りをしたか、窓を閉めたか、ガスを切ったかがいつも気になる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]