2016年02月28日

●和文露訳要覧第8回

глинаは粘土の原料であり、пластилинはロウ、脂肪を加え乾燥しないようにした工作用粘土である。

出題)「ご家族で緑内障にかかっている人はいらっしゃいますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 08:01 | Comments [6]

2016年02月27日

●和文露訳要覧第7回

косметическое молочкоは皮膚用化粧品としての乳液で、植物の乳液はмлечное сок、乳剤や乳濁液(エマルション)ならэмульсия

出題)「警察の厄介になったことはない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 07:30 | Comments [4]

2016年02月21日

●和文露訳要覧第6回

угриというのは皮脂腺が脂肪で詰まったもので、白ニキビとか、黒ニキビとか言われるものであり、прыщは吹き出物を指す。

出題)「もうだまされないぞ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 06:48 | Comments [9]

2016年02月20日

●和文露訳要覧第5回

胴体という意味ではтуловищеは人間や動物の手足や頭を除く部分であり、торсは人間の胴体ないしは彫像などの胴体、фюзеляжは飛行機の胴体。

出題)「誰かが倒れた建物の下敷きになったのかどうかを究明すること」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:19 | Comments [6]

2016年02月14日

●和文露訳要覧第4回

凍結はзамерзаниеが一般的で、промерзаниеは土壌などのある一定の深さや完全凍結を指し、обледенениеは道路などの凍結。口座の凍結はзамораживаниеを使う。

出題)「試行錯誤してベストの決定を探った」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 16:04 | Comments [6]

2016年02月13日

●和文露訳要覧第3回

道具はорудиеで、工具はинструментだが、交渉の道具など、抽象的な手段という意味で使われるときは、どちらも使われる。

出題)「これに伴い、特段の連絡があるまでセクター83、84および87は航行閉鎖といたします」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 09:17 | Comments [4]

2016年02月11日

●和文露訳要覧第2回

トイレはтуалетが一般的。гальюнは船内のトイレで、отхожее местоは農家の離れにある屋外便所。移動式トイレはкабинки переносных туалетовと言い、место уединённых размышлений は(お籠り、沈思黙考の場所)である。

出題)「この瞬間から私たち赤の他人よ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 13:12 | Comments [7]

2016年02月10日

●和文露訳要覧第1回

和文露訳指南のコーナーも400回近くになって、更新が難しくなったので、あらたに「和文露訳要覧」というコーナーを立ち上げた。黒帯研究会や和文露訳入門のころからだと1500回を超える。いつまでもつのだろう?

出題)妻が夫に「正直に言って。浮気しているの?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 22:18 | Comments [5]

2016年02月07日

●和文露訳指南第387回

更新がうまくゆかず、2回アップしないと更新できないので、出題の回答は今後aのついた回に投稿願う。
『ハリーポッター』シリーズのニセモノで、『ターニャ・グロッテル』Таня Гроттер, Емец(10巻)シリーズを読んでいて、今第5巻目である。第4巻ではドラゴンボールの試合で隠れ蓑を用いるチームのГурий Пупперというハリーポッターまがいが主人公のターニャに恋するなど、原作に対する安易な皮肉が多いが、ターニャの叔父で、ドラキュラの血を引くゲルマン一家の描写がかなり精彩を放っている。彼らのお相手も多重人格の物の怪とかユニークである。彼らは人間で人間界に住むが、彼らを主人公にしたシリーズを書いた方がよかったように思う。

出題)「彼らはかなりの額の脱税で起訴されていた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 15:45 | Comments [7]

2016年02月06日

●和文露訳指南第386回

法律に用いられるо/обの面白い使い方を見つけたので紹介する。
Федеральный закон от 27 июля 2006 № 149-ФЗ «Об информации, информационных технологии и о защите информации»( 2006年7月27日付≪情報、情報技術および情報保護に関する≫連邦法 No. 149FZ)
 об/оを法律故に、かなり厳密に使い分けていることが分かる。

出題)「罷免された人物の名前は公表されなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 16:40 | Comments [7]

2016年02月05日

●和文露訳指南第385回

могとсмогの使い分けについては、『和文露訳指南』下巻にも書いたが、念のため、第383回の出題を例にとって解説する。

「人が飛べたのだから、僕にもできる」Другие летали - ну, и я смогу.

 мог летатьとしない方がよいのは、могが不完了体過去形のため、動作の有無の確認の用法であり、「できる状態にあった」という意味となり、実際に飛んだかどうかは分からないからである。смогなら結果の存続となり、飛ぶことができたとなる。ただсмог... смогуとなると、順次的用法となり、これまた出題とは違ってくる。これに対して、不定動詞なら能力の意味もあるし、その過去形は不完了体でもあるから、動作の有無の確認の意味にも使えるからベストの選択となろう。

出題)「その質問は彼の不意をついた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at 21:44 | Comments [5]