2006年10月23日

●帯研(第2回)

黒帯研究会について、まず黒帯とは何ぞやということになるが、私は実戦に使えるロシア語を使えるレベルと考えている。ただこういう定義を人に押し付けるつもりもないし、定義が決まったからといって実力が上がるものでもない。黒帯研究会も黒帯同士の研究会という解釈でもよいし、黒帯を目指す人の研究会というのでもよい。人それぞれである。ロシア語の勉強も一生精進であることに変わりはない。母国語の他に外国語を勉強するということについて、ある中国人曰くЗнаешь один язык – проживаешь одну жизнь, знаешь два языка – проживаешь две жизни.(一つの言語を知っていれば一つの人生を生きることであり、二つの言語を知っていれば二つの人生を生きることになる)。
第1回の設問3について小話のテキストを和訳する上で私がおかしいと思ったのは、地の文のМуж приходит домой, смотрит – чемоданы стоят.の文で、「帰宅して、見た」と過去の文なのに現在形を用いていることである。これは多分、不完了体現在形の特殊用法とされるнастоящее историческое(歴史的現在)で、出来事を眼前で起きたかのようにいきいきと表現するための用法かと思う。異論のある方は是非ご一報を。ただ会話力涵養には地の文は無視して(いつか紹介する機会があると思うが、通常のロシア語と違う用法が多いので)、会話の部分のみを参考にされたらよいと思う。さて、次の出題は、詩から。

Выхожу один я на дорогу;
Сквозь туман кремнистый путь блестит;
Ночь тиха. Пустыня внемлет богу,
И звезда с звездою говорит.
設問1)作者はだれか。
設問2)詩の体裁で和訳せよ。

Posted by SATOH at 22:46 | Comments [3]

●ロシア語黒帯研究会(略称「帯研」)第1回

ロシアへ興味を持つ人はそれなりにいるようだが、NHKのラジオ講座の扱いを見ていると、ロシア語学習者の人口が減っているように思われる。一番問題なのは初級を終えてから次の段階に進もうと思っても、教材自体があまりないことである。嘆いていても仕方がないので、その状況打開の一つとして、露露辞典を使えるか、使えると思っているロシア語学習者を対象として、小話や詩など短くて文脈の取れやすいテキストを使って、主にロシア語会話力向上のための研究会をやってみようと思う。やり方は手探りでやるしかないが、課題を出し、それに対する訳や解釈法、訳の問題点などを学習者のみなさんに書いてもらい、それを基に各自会話に活用するという形にしたい。語学研究会なので、ロシアに関するもので語学に関係しないもの(思想関係など)は対象外である。それとロシア語の初心者や初級者で、基本的な文法を知らない人(生格、完了体などという用語を聞いたこともないという人)は、NHKのラジオ講座テキストや現代ロシア語文法(城田俊、東洋書店)を勉強してから参加して欲しい。出題する小話自体は学習用なのでオチも面白くないものが多いということを頭に入れて欲しい。回答はコメントする要領でお願いする。また研究会であって、師範科や master classといった一方的に教えるものではなく、あくまでも私も含めてロシア語力を高めるためなので、正しい答えがない場合もありうるということと、文意は会話ではイントネーション、文脈(コンテキスト)による場合が多いという言うことを申し上げておく。多くの同志の方が参加してくれることを期待する。それでは出題しよう。

Муж приходит домой, смотрит – чемоданы стоят.
- Жена, к нам кто-то приехал?
- Нет, это ты уезжаешь...
設問1)和訳せよ。
設問2)2行目приехалを不完了体のприезжалに変えたら、意味にニュアンスの差が出るか?出るとすればどのようなものか?
設問3)設問のロシア語は正しいロシア語だが、和訳する過程で何かおかしいと感じたか?そうであればどこが?

Posted by SATOH at 13:29 | Comments [2]

2006年10月03日

●ロシア語の言い回しから

- Какая разница между глупой и умной женщиной?
- Глупая принимает любовь за чистую монету, а умная чистую монету за любовь.
訳)「馬鹿な女と利口な女の違いは何か?」
「馬鹿な女は愛を真に受けるが、利口な女はマニーを愛と受け止める」
解説)принимать ~ за чистую монету(~を真に受ける)という言い回しをかけたもの。

Posted by SATOH at 14:08 | Comments [1]