2009年09月13日

●新帯研 第73回

ロシア語を学習する初心者は一通り初級の学習を終えたら、露露辞典を読めるようなレベルまで語彙を増やすことを目標にするとよい。露露辞典を読むというのは、ロシア語の単語のロシア語の説明がほぼ分かる程度という意味である。露露辞典の単語の説明は最小限必要な語彙で書かれているわけで、これが分かるということは基本的な単語を理解していることになる。また単語の説明を読むことで、同義語や同義表現も体得できる。よく初級者でロシア人に自分が思ったことをロシア語で伝えられるレベルを目標とする人も多いと思うが、これはかなり高い目標である。どんな内容でもロシア人に伝えることができるようになるまでは、まじめに毎日ロシア語を勉強しても10年くらいかかるのではないだろうか。無論、プロはその程度ではだめで、自分が言いたくないこと(自分がよくわからないことがら)も通訳することを要求され、それに何とかかんとか誤魔化しながらも応じられるレベルである。息抜きにロシア式Bloody Maryの作り方を教えよう。
Кровавая (красная) мэри = смесь водки с томатным соком
Водка вливается в стакан с небольшим количеством сока по лезвию ножа, чтобы эидкости не смешивались, а в коктейле было два слоя: нижний – красный и верхний – прозрачный.
今回の課題は、
- Алло! Это гостиница? Соедините меня с женой.
- Какой номер?
- Что я дурак, чтобы их нумеровать?
設問1)和訳せよ。
設問2)次の文はロシア語として正しいか?
c) Картины развешаны на стенах.
d) Картины развешаны по стенам.

Posted by SATOH at 19:00 | Comments [2]

2009年09月11日

●ロシア史異聞

東洋書店よりユーラシアブックレットの1冊として「ロシア史異聞」が発売中。9世紀から現代のロシア史でこれまであまり触れられていないエピソードを簡単に取り上げている。ご参考までに目次を挙げておく。

第1部 ロシア重大事件簿
1. リューリク
2. ヤロスラーフ賢公
3. アンドレーイ・ボゴリュープスキー公とモスクワの起源
4. イワン3世の不人気
5. コトシーヒン(裏切り者の功罪)
6. 白(馬)の将軍スコーベレフ
7. 女性革命家ザスーリチと無罪判決
8. スヴェルドローフとその手先
9. フルンゼの死など
10. キーロフの死
11. ジュダーノフの死
12. ウズベキスタン綿花スキャンダルとラシードフ
13. 検事総長スクラートフの醜聞

第2部 ロシア悪人外伝
(1) ワーニカ・カイン(ワルの岡っ引き)
(2) 詐欺師群像
(3) 盗賊群像
(4) 猟奇的連続殺人魔
(5) 名刑事群像
(6) ロシアにおける刑罰

Posted by SATOH at 20:33 | Comments [0]

2009年09月07日

●新帯研 第72回

詩が人気の上で現代の歌謡曲にとって代われないのは、歌謡曲には歌詞のほかにメロディーがついており、歌詞の内容が具体的にイメージしやすい(感情的な面で)ということおもあるだろう。これは文学が映画やアニメ(漫画)に取って代われたと軌を同じくする。分かりやすいものへと移行するのは水が低きにつくのと同じである。万葉の歌垣や万葉の歌は庶民のものだが、それとて即興のメロディーがついていたと思う。エセーニンの詩は好きだが、その中でも好きなのは、歌になっているКлёнやПисьмо материなどである。メロディーがつくとイメージが固定されるような危惧もあるが、よいメロディーならそれはそれでよいのではないかという気がする。文学や詩を味わうには、想像力が必要ということで、歌にもいい歌、悪い歌というよりは、自分の好みの歌というのがあるのだから、詩はメロディーがないだけ、自由に自分のイメージを膨らませる事ができるはずだ。もっとも常人にはそこに至るまでの鍛錬が必要なことはいうまでもない。今回の課題は、
Не многие еще до конца осознали то прескорбное обстоятельство, что если слово: ПОТЕНЦИЯ читать наоборот - получается "ЯИЦ НЕТ, ОП!"
設問)訳せ。

Posted by SATOH at 18:17 | Comments [2]

2009年09月03日

●新帯研 第71回

1996年か97年カザフスタンのアルマトゥイに駐在していたとき、オフィスの近くに住んでいたマンションに休みの日の朝から電話が鳴った。当社の下の住人からわりに穏やかな声で、天井から水漏れするので急いで来てくれとの事だった。現場までは歩いて5分。水漏れというよりは滝のように水が降ってきている。えらいことになった、トイレから水が漏っているのかと思い、2階のオフィスのドアを開くと天井からこれもまた滝のように水が降ってきている。私の机の上にはノートパソコンが置いてあり、その1メートルぐらい離れた上から水が降ってきているのだ。結局3階の朝鮮系の夫婦(カザフにはスターリンの政策で極東に住んでいた朝鮮系の人たちを第二次世界大戦直前にカザフなどに強制移住させ、今でも50万人ぐらい住んでいるとのことだ)が洗濯機に水を入れたまま外出したせいだと分かった。それにしても考えられないことである。モスクワに住んでいたとき(2002年)も、元旦に天井から水が漏ってきたことがある。これは上の階のポンプの故障らしく、元旦からでは着いてないと思ったが家主に始末書を書かせたが、その始末書をどうしてもこちらには渡さないという。もっとも80年代にある日本の駐在員の家ではトイレから水が吹き出し、家中水浸しということがあったというから筆者などはましなほうであろう。今回の課題は、
- Что собирают, если нет урожая?
- Пленум.
設問)訳せ。

Posted by SATOH at 18:23 | Comments [2]

2009年09月02日

●新帯研 第70回

英語の技術用語はロシア語の技術用語と同じように対応すると無意識に考えている人は多い。カッターcutterのような簡単そうな用語でも、фреза(フライス), резак, нож, резец, режущий инструмент(日本語のバイトで、バイトはドイツ語由来で英語由来ではない), отрезной круг(circular sawの類)といろいろあり、具体的にどのようなものか分からなければ訳が決まらない。テーブルはстолだが、上にローラーがついていて、その上をパイプなどが移動するようなものはрольганг(roller table. roller conveyor)というし、ロールでも、ガイドロールはнаправляюшие роликиでよいが、圧延ロールはвалокという。ローラーはроликだが、道路工事で使うものはкатокというなどである。商社やメーカーでも英語ができて当たり前で、技術スペックや資料は英語が多いが、すぐロシア語になると考えている素人は多い。無論ロシアの翻訳会社でも技術をよく知っているところでも、図面を見ないと基本的な訳が決まらないはずなのに質問一つせず、やっつけ仕事でやり、それに対してロシア語が分からないからかそれで通っている。翻訳の資料とロシア人技術者が使う用語が全然違うということはよくあることである。ロシア語の資料がありますからと言われても、あまり役に立たないことが多い。
 日本語も現場の専門用語では特に分からないことが多い。耐火煉瓦関係で、「いもにならないように羊羹を入れる」と言われて、これをすらすら訳せる人はまずいないだろう。「いも」といのは、レンガを積む時に目地шовが通る(何段かレンガを積む時に縦方向の煉瓦と煉瓦の継ぎ目が一直線になることで、こうなると圧力や熱(1200度)が目地を通るため耐久性に問題が出てくる。つまりレンガは各段が目地が互い違いになるように積むことになっているが炉の中は通常円形なのでこれが簡単ではない)」ことをいい、羊羹はレンガを縦方向に半分に割ることをいう。強いて訳せば、Посадить половинку кирпича, чтобы не было сплошных (прямых) швов.レンガを積むというのはукладывать кирпичだが、ロシア人の専門家はсажать (посадить) кирпичを使う。単語が分かっても、その基本的用途を理解していないと、通訳が自分の訳をチェックできず、次第に全体の訳が辻褄が合わなくなってくる。今回の課題は、
- Какой урожай будет в этом году?
- Средний: хуже, чем в прошлом году, но лучше, чем в будущем.
設問)訳せ。

Posted by SATOH at 19:08 | Comments [1]