ロシアの映画・演劇・アニメ・音楽・バレエ・スポーツ・芸術の森
ロシアの映画・演劇・アニメ・音楽・バレエ・スポーツ・芸術の森
ロシア発、傑作との出会いはこの森から! 優れた作品が多いのに、日本に伝えられるのはほんの一部・・・(涙) 
みんなでお勧め作品やアーチストを伝え合い、たくさん見て、聞いて、感動を分かち合いましょう! 
ロシアンぴろしきトップへ ロシアなんでも掲示板へ 日露ペアの部屋 しりとり
[利用ガイド] [過去ログ] [ワード検索] [管理用]
はじめに「利用ガイド」をご覧いただき、注意事項をご了承いただいた上でご参加ください。

おなまえ
タイトル  

コメント
(迷惑投稿防止の為、英数字のみの書込はできません。)
アイコン→ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
記事の色
No.8276 DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/05/26(Sun) 15:35:02 [返信]  
「マーシャとくま」SEASON1/SEASON2/SEASON3(2009-2019 ロシア)
(原題「Маша и Медведь」)
短編アニメ 各26話、全78話

ロシアで人気の3Dアニメ。いたずら好きの女の子マーシャと、面倒見の良いくまの友情と冒険の物語。
日本ではキッズステーションで放送され、2021年10月からはテレビ東京でも放送されていました(>>№8084)。

2024年5月31日(金)、IVC 単品DVD
   6月20日(木)、IVC DVD-BOX、ブルーレイBOX

https://www.ivc-tokyo.co.jp/titles/ma/a0606.html


No.8275 アテネ・フランセシネマテーク 映画の授業 投稿者:Katz - 2024/05/16(Thu) 15:24:13 [返信]  
アテネ・フランセ文化センターで5月21日(火)から25日(土)まで開催される『アテネ・フランセシネマテーク 映画の授業(古典映画編)』でソ連映画が上映されます。

「幸福」(1934 ソ連)
(原題「Счастье」)
監督 アレクサンドル・メドヴェトキン
出演 エレーナ・エゴロワ、ピョートル・ジノヴィエフ
上映日時 2024年5月24日(金)17:30

「大地」(1930 ソ連)
(原題「Земля」)
監督 アレクサンドル・ドヴジェンコ
出演 ステパン・シュクラト、セミョーン・スワシェンコ
上映日時 5月24日(金)19:00

「戦艦ポチョムキン」(1925 ソ連)
(原題「броненосец ≪Потёмкин≫」)
監督 セルゲイ・エイゼンシュテイン
出演 アレクサンドル・アントノフ、ウラジーミル・バルスキー
◎マイゼル版(69分)
音楽 エトムント・マイゼル
 2005年に完成された最新復元版。

◎クリューコフ版(66分)
音楽 ニコライ・クリューコフ
 冒頭と結末にナレーションを入れたサウンド版として1950年に公開。

◎ショスタコーヴィチ版(73分)
音楽 ドミートリー・ショスタコーヴィチ
 各国から集めたプリントを元に復元したオリジナルに近い完全版に、ショスタコーヴィチの既存の交響曲を付けて1976年に公開。

上映日時 5月25日(土)15:40 クリューコフ版
            17:20 ショスタコーヴィチ版
            19:00 マイセル版
ちなみにこの日は「Dedicated to the memory of Toru Inoue」と銘打たれていて、『ロシアンぴろしき』の初期にこの掲示板でよく書き込みをされていた井上徹さんを偲んだ上映となっています。

http://www.athenee.net/culturalcenter/program/lc/lc2024.html


No.8274 サイレントシネマ・デイズ2024 投稿者:Katz - 2024/05/10(Fri) 15:39:14 [返信]  
国立映画アーカイブで5月14日(火)から19日(日)まで開催される『サイレントシネマ・デイズ2024』の上映プログラムに、ソ連映画がラインナップされています。

「新バビロン」(1929 ソ連)
(原題「Новый Вавилон」)
監督 グリゴリー・コージンチェフ、レオニード・トラウベルグ
出演 エレーナ・クジミナ、ピョートル・ソボレフスキー

2024年5月16日(木)PM3:00
5月19日(日)PM1:00 ※伴奏付上映
国立映画アーカイブ 長瀬記念ホールOZU

https://www.nfaj.go.jp/exhibition/silent202403/


No.8273 第8回ロシア語映画発掘上映会 投稿者:Katz - 2024/04/27(Sat) 14:48:36 [返信]  
日本未公開のロシア語映画の名作を上映する会の8回目はソ連・ポーランドの合作映画を上映。

「デジャ ヴュ」(1989 ソ連・ポーランド)
(原題「Дежа Вю」)
監督 ユリウシュ・マフルスキ
出演 イェジー・シュトゥル、ニコライ・カラチェンツォフ

1925年禁酒法時代、シカゴのマフィアが裏切者を始末するため、殺し屋をオデッサに送り込む。殺し屋はネップ(新経済政策)でにぎやかな街で裏切者を探す犯罪コメディ。

ユリウシュ・マフルスキ監督はポーランドの監督。コメディ作品が得意で、「ダ・ヴィンチ・プロジェクト」(2004)のDVDが出ています。
殺し屋役のイェジー・シュトゥルもクラコフ生まれのポーランド俳優。クシシュトフ・キェシロフスキ監督の「デカローグ」第10話(1988)、ナンニ・モレッティ監督の「ローマ法皇の休日」(2011)などに出演。

2024年5月4日(土)14:00
札の辻スクエア ホール小
上映後にミニ・レクチャーあり

https://sites.google.com/view/acesquare/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0


No.8271 DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/04/21(Sun) 17:13:24 [返信]  
『バフティヤル・フドイナザーロフ Blu-ray BOX』
収録作品
「少年、機関車に乗る」(1991 ソ連)
「コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って」(1993 タジキスタン)
「ルナ・パパ」(1999 ドイツ・オーストリア・日本)
「海を待ちながら」(2012 ロシア・ベルギー・フランス・カザフスタン・ドイツ・タジキスタン)
監督 バフティヤル・フドイナザーロフ

2023年6月3日から渋谷・ユーロスペースで開催された特集上映『再発見! フドイナザーロフ ゆかいで切ない夢の旅』(>>№8207)で再び注目されたバフティヤル・フドイナザーロフ監督作品のブルーレイBOX。同特集上映の4作品を収録。ただ特集上映が始まって2週間後から緊急追加上映された「スーツ」(2003)は、残念ながら未収録。

2024年4月26日(金)、ユーロスペース/トレノバ

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-10-4523215274746


No.8272 Re: DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/04/21(Sun) 17:29:15
「フューリー・ロード」(2022 ロシア)
(原題「Однажды в пустыне」)
監督 アンドレイ・クラフチューク
出演 アレクサンドル・ロバック、エカテリーナ・ネステロワ

IS(イスラム国)によって多数の地雷が埋められたシリアの都市ホムスからパルミラ遺跡へ続く街道で、地雷の除去を行ったロシア軍地雷除去部隊の工兵たち。実話を基にしたミリタリー・アクション。
アンドレイ・クラフチューク監督は、劇場公開された「この道は母へと続く」(2005)、「VIKING バイキング 誇り高き戦士たち」(2016)の監督。

2024年5月3日(金)、ニューセレクト

https://www.albatros-film.com/archives/15526/


No.8270 「マリウポリの20日間」 投稿者:Katz - 2024/04/07(Sun) 11:15:02 [返信]  
今年3月の第96回米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「マリウポリの20日間」が緊急劇場公開されます。ウクライナ映画史上初めてのアカデミー賞受賞作。
日本ではNHK BSの「BS世界のドキュメンタリー」で昨年12月4日と5日、「実録 マリウポリの20日間」のタイトルで前編と後編の2回にわたって放送されました。またNHK Eテレの「ドキュランドへようこそ」でも今年の1月5日と12日に前編と後編が放送されました。
ちなみに4月9日(火)と10日(水)、「BS世界のドキュメンタリー選」で再放送されます。

「マリウポリの20日間」(2023 ウクライナ・アメリカ)
(原題「20 Days in Mariupol」)
監督 ミスティスラフ・チェルノフ

AP通信のウクライナ人記者であるミスティスラフ・チェルノフが2022年2月のロシア軍侵攻を知ってマリウポリに入り、その惨状を世界に伝えようと記録したドキュメンタリー。

2024年4月26日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

https://synca.jp/20daysmariupol/


No.8268 DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/03/31(Sun) 17:18:24 [返信]  
「オン・ザ・フロント・ライン 極限戦線」(2023 ウクライナ)
(原題「Мирний-23」)
監督 アフテム・セイタブラエフ
出演 アンドリー・サミニン、マクシム・デヴィゾロフ

今年1月の『未体験ゾーンの映画たち2024』で上映された作品(>>№8252)。
2014年6月、侵攻してくるロシアの特殊部隊から祖国を守るルハンスク州国境警備隊の戦いを描いた戦争アクション。原題の「Мирний-21」は、国境警備隊が守っている国境検問所の住所。

2024年4月3日(水)、アメイジングD.C.
(レンタルは3月6日(水)から)

http://amazing-dc.jp/?p=6884


No.8269 Re: DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/03/31(Sun) 17:28:32
「ローン・ソルジャー 人質奪還」(2021 ロシア)
(原題「Своя война. Шторм в пустыне(自分の戦争。砂漠の嵐)」)
監督・出演 アレクセイ・チャドフ
出演 ヴィタリー・キシチェンコ

「アフガン」(2005)、「ワールドエンド」(2019)のアレクセイ・チャドフが初めて監督し、自ら主演した作品。
シリアの過激組織に拉致されたロシアの特殊任務班の将校を単独で救出しようとするかつての部下の戦いを描くミリタリー・アクション。

2024年4月3日(水)、ニューセレクト

https://www.albatros-film.com/archives/15509/


No.8267 「ザ・エクスチェンジ」 投稿者:Katz - 2024/03/28(Thu) 19:29:26 [返信]  
ウクライナ映画が明日から劇場公開されます。

「ザ・エクスチェンジ」(2022 ウクライナ)
(原題「Обмiн」)
監督 ボロディミル・ハルチェンコ=クリコフスキー
出演 ヴィチェスラフ・ドヴジェンコ、エゴール・コズロフ

2014年のウクライナを舞台に、入隊した息子が人質として捕らわれた主人公の外科医が、生死を賭けた選択を迫られる戦争アクション。

2024年3月29日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

https://exchange-film.com/


No.8266 アルバトロス・フィルム・フェスティバル 投稿者:Katz - 2024/03/28(Thu) 19:12:11 [返信]  
創設35周年を記念する『アルバトロス・フィルム・フェスティバル』が明日から始まります。ラインナップにウクライナ映画が含まれています。

「アトランティス」(2019 ウクライナ)
(原題「Атлантида」)
監督 ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
出演 アンドリー・ルィマルーク、リュドミラ・ビレカ

2019年の第32回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞(>>№7869)。2022年6月より劇場公開(>>№8145)された作品。
2025年の近未来のウクライナを舞台に、戦争で家族を亡くした孤独な主人公が、遺体回収作業に従事する女性との出会いをきっかけに、生きる意味と向き合っていく物語。

上映日 2024年4月3日(水)18:30
ヒューマントラストシネマ渋谷

https://albatros-film-festival.com/


No.8265 セルゲイ・ロズニツァ監督作品集 投稿者:Katz - 2024/03/27(Wed) 19:02:50 [返信]  
morc阿佐ヶ谷で『セルゲイ・ロズニツァ監督作品集』が上映中。6作品が上映されます。

「粛清裁判」(2018 オランダ・ロシア)
 3月22日(金)-28日(木)
「国葬」(2019 オランダ・リトアニア)
 3月29日(金)-4月4日(木)
「破壊の自然史」(2022 ドイツ・オランダ・リトアニア)
 4月5日(金)-11日(木)
「キエフ裁判」(2022 オランダ・ウクライナ)
 4月12日(金)-18日(木)
「アウステルリッツ」(2016 ドイツ)
 4月19日(金)-25日(木)
「ドンバス」(2018 ドイツ・ウクライナ・フランス・オランダ・ルーマニア)
 4月19日(金)-25日(木)
会場 morc阿佐ヶ谷

https://www.morc-asagaya.com/



No.8264 気がかりな映画特集 投稿者:Katz - 2024/03/20(Wed) 17:14:58 [返信]  
UPLINK吉祥寺で3月8日(金)-14日(木)、22日(金)-28日(木)に開催の『気がかりな映画特集』でソクーロフ監督作品2本が上映されます。

「太陽」デジタル・リマスター版(2005 ロシア・イタリア・フランス・スイス)
(原題「Солнце」)
監督 アレクサンドル・ソクーロフ
出演 イッセー尾形、桃井かおり
上映日 2024年3月25日(月)13:00

「独裁者たちのとき」(2022 ベルギー・ロシア)
(原題「Сказка」)
監督 アレクサンドル・ソクーロフ
出演 アドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリン
上映日 2024年3月24日(日)15:25 上映後、梶山祐治氏のトークあり
       3月27日(水)13:00

http://www.pan-dora.co.jp/kigakarina/


No.8263 イスラーム映画祭9 投稿者:Katz - 2024/03/15(Fri) 17:49:41 [返信]  
明日から始まる『イスラーム映画祭9』にカザフスタン映画がラインナップされています。

「スターリンへの贈り物」(2008 カザフスタン・ロシア・ポーランド・イスラエル)
(原題「Подарок Сталину」)
監督 ルステム・アブドゥラシェフ
出演 ダレン・シンテミロフ、ヌルジュマン・イフティムバエフ

2022年3月の『第11回江古田映画祭』で上映された作品(>>№8113)。
1949年のカザフスタンの村を舞台に、老鉄道員が強制移住の列車から脱出したユダヤ人少年を助け、村の人々と育てようとする物語。
老鉄道員を演じたヌルジュマン・イフティムバエフは、「デイ・ウォッチ」(2006)に出演。

2024年3月17日(日)10:00
   3月24日(日)18:40
渋谷・ユーロライブ

http://islamicff.com


No.8262 第19回大阪アジアン映画祭 投稿者:Katz - 2024/02/25(Sun) 14:39:12 [返信]  
3月1日(金)から10日(日)まで、シネ・リーブル梅田等で開催される『第19回大阪アジアン映画祭』のコンペティション部門にジョージア映画(合作)がラインナップされています。

「ブラックバード、ブラックバード、ブラックベリー」(2023 ジョージア・スイス)
(英題「Blackbird Blackbird Blackberry」)
監督 エレーヌ・ナヴェリアーニ
出演 エカ・チャヴレイシュヴィリ、テミコ・チチナゼ
上映日・会場 3月3日(日)12:00 シネ・リーブル梅田 シネマ4
       3月9日(土)16:00 ABCホール

https://oaff.jp/programs/2024-co01/


No.8259 DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/02/24(Sat) 16:28:25 [返信]  
「快楽の奴隷」(2023 ロシア)
(原題「Непослушная」)
監督 ドミトリー・スヴォーロフ
出演 アレクサンドル・ペトロフ、アナスタシヤ・レズニック

巨大高層ビル建設計画に反対する女子学生に、偶然出会った建設会社の若き社長が建設計画中止を掛けた危ない提案をするドラマ。
ドミトリー・スヴォーロフ監督は「サバイバー 極限の生存者」(>>№8222)の監督。
若い社長を演じたアレクサンドル・ペトロフは「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(2018)、「ICE ふたりだけのプログラム」(2018)などのほか、仏米映画「ANNA/アナ」(2019)にも出演。

2024年3月6日(水)、彩プロ
(レンタルは2023年11月3日から >>№8231)

http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=626


No.8260 Re: DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/02/24(Sat) 16:39:03
「世界が引き裂かれる時」(2022 ウクライナ・トルコ)
(原題「Klondaik」)
監督 マリナ・エル・ゴルバチ
出演 オクサナ・チャルカシナ、セルゲイ・シャドリン

2023年6月からシアター・イメージフォーラムほか全国で上映された作品(>>№8210)。
2014年にウクライナで起きたマレーシア航空17便撃墜事件を背景に、妊娠中の妻と夫の平穏な日常がロシアのウクライナ侵攻で引き裂かれる緊迫感あふれる衝撃作。
主人公の夫役のセルゲイ・シャドリンは撮影後の2021年6月に41歳の若さで死去。

2024年3月6日(水)、アルバトロス

https://www.albatros-film.com/archives/15469/


No.8261 Re: DVD発売情報 投稿者:Katz - 2024/02/24(Sat) 16:45:02
「ザ・パイロット」(2021 ロシア)
(原題「Лётчик(飛行士)」)
監督 レナト・ダヴロチヤロフ
出演 ピョートル・フョードロフ、アンナ・ペスコヴァ

『未体験ゾーンの映画たち2024』(>>№8252)で上映された作品。
1941年12月、ドイツ戦闘機との空中戦の果てに敵地に不時着したパイロットの決死のサバイバル劇。
レナト・ダヴロチヤロフ監督は「レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦」(2015)、「ラン・スルー・ザ・ナイト」(2016)でもピョートル・フョードロフと組んでいます。

2024年3月6日(水)、アルバトロス

https://www.albatros-film.com/archives/15463/


No.8258 「Firebird ファイアバード」 投稿者:Katz - 2024/02/07(Wed) 14:42:14 [返信]  
エストニア初のLGBTQ映画が劇場公開されます。

「Firebird ファイアバード」(2021 エストニア・イギリス)
(原題「Firebird」)
監督 ペーテル・レバネ
出演 トム・プライヤー、オレグ・ザゴロドニー

1970年代後半、ソ連占領下のエストニアで、パイロット将校と若き二等兵との秘められた愛の実話。
エストニア出身のペーテル・レバネ監督が、ロシアの俳優セルゲイ・フェティソフの回想録「ロマンについての物語」に感動し、俳優のトム・プライヤーと3人で脚色した作品。

2024年2月9日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。
ペーテル・レバネ監督、主演のトム・プライヤー、ウクライナの俳優オレグ・ザゴロドニーが緊急来日し、2月9日から11日まで新宿、横浜、名古屋、なんば、京都で舞台挨拶します。

https://www.reallylikefilms.com/firebird
【記事削除フォーム】
記事No 削除キー

- KENT & MakiMaki -


yy-nifty Ver3.22 by Season