ロシアの映画・演劇・アニメ・音楽・バレエ・スポーツ・芸術の森
◆ 以下は、記事NO. 8058 に関する返信フォームです ◆
No.8058 EUフィルムデーズ2021投稿者:Katz - 2021/06/23(Wed) 16:09:47
EU加盟各国の映画を一同に上映する『EUフィルムデーズ2021』。19年目となる今回は、東京会場では当初5月28日-6月20日の開催予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大のため6月24日(木)-7月18日(日)に延期となりました。
バルト3国およびウクライナの合作映画がラインナップに入っています。

◎「境界線」(2017 スロヴァキア・ウクライナ)
(英題「The Line」)
監督 ペテル・ベブヤク
7月8日(木)15:00、17日(土)15:00

スロヴァキアとウクライナの国境をまたいでタバコを密輸するギャング団のボスが追い込まれていく犯罪スリラー。

◎「ザ・ライフルマン」(2019 ラトビア)
(英題「Blizzard of Souls」)
監督 ジンタルス・ドレイベルグス
6月30日(水)18:00、7月15日(木)12:00

2020年11月にシネマート新宿とシネマート心斎橋で開催された『のむコレ2020』で上映された作品。
第1次大戦下、ドイツとロシアの大国に翻弄されたラトビアの死闘。

◎「もう一つのドリームチーム」(2012 リトアニア・アメリカ)
(英題「The Other Dream Team」)
監督 マリュス・マルケヴィチュス
7月8日(木)12:00、13日(火)18:20

1992年のバルセロナ夏季オリンピックで、独立を回復したリトアニアのバスケット男子代表チームが銅メダルを獲得する道のりを描いた感動的なドキュメンタリー。

◎「ユニコーンを追え」(2019 エストニア)
(英題「Chasing Unicorns」)
監督 ライン・ランヌ
6月26日(土)12:00、7月1日(木)15:30
オンライン 5月28日(金)-6月25日(金)

エストニアからシリコンバレーへ、男性中心のスタートアップの世界に挑む若い女性起業家の物語。

◎「Oleg」(2019 ラトビア・リトアニア・ベルギー・フランス)(英語字幕)
監督 Juris Kursietis
オンライン限定 5月28日(金)-6月25日(金)

東京会場は国立映画アーカイブ(京橋)。
京都会場(京都府京都文化博物館)は、6月17日(木)-7月4日(日)。
「ユニコーンを追え」はオンライン上映もあります(登録必要)。「Oleg」はオンラインのみ。

https://eufilmdays.jp/
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
記事の色