月別過去の記事

2019年07月18日

25周年 缶バッジ&Tシャツを作りました!

 7月4日(木)夜、開催された函館校開校25周年記念コンサート“「極東の窓」から”では、来場者への記念品として、オリジナルの缶バッジを作りました。学生によるデザインコンテスト形式を取り、上位3作品を製品化する予定でしたが、7作品の応募があり、どれも力作だったため、結局は全作品を製作しました!

 

 条件はただ一つ、25周年とわかるよう、25の数字を入れること。でき上がった7種類のバッジはそれぞれ個性的で、選ぶのに迷ってしまいます。
 コンサート当日は、ホワイエでご来場のみなさまに一人ひとつ、選んでいただきましたが、お気に入りの一つを決めるのに迷いに迷っている方もいましたよ。
 
 

 さらに、コンサートポスターと同じ「窓」のデザインをあしらったスタッフTシャツも作り、学生たちはこれを着て張り切って働きました。グランドフィナーレでは、コール八幡坂もTシャツに着替え、「はこだて賛歌」を歌いましたが、伴奏してくださったピアニスト・高実希子さんとヴァイオリニストの田代裕貴さんも同じTシャツ姿でステージに現れると、会場もドッと沸きました。

 

 いざ出陣!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年07月10日

日露合作映画「ソローキンの見た桜』函館上映

 日露合作映画「ソローキンの見た桜―В плену у сакуры」が函館のシネマアイリスにて上映されます。初日の上映後、函館校のイリイン・セルゲイ校長が舞台あいさつに登壇し、益田祐美子プロデューサーと映画の感想や函館とロシアの関わりなどをお話しします。

 この映画は本年4月に開催された第41回モスクワ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品され、10月1日からロシア全土での劇場上映も決定しました。
 シネマアイリスでの上映は1週間ほどを予定しています。この機会をどうぞお見逃しなく。


<舞台挨拶> 

日時:2019年7月13日(土) 13:00からの上映終了後
場所:シネマアイリス(函館市本町22-11)
TEL 0138-31-6761
登壇:「ソローキンの見た桜」プロデューサー  益田祐美子氏
ロシア極東連邦総合大学函館校 校長 イリイン・セルゲイ(予定)


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年07月05日

ミリオン・ズビョースト 第100号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第100号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、大渡涼子総務課長による「百万の星となれ」です。この春で開校25周年を迎えた本校、そして今号で記念すべき発刊100号を迎えた学報ミリオン・ズビョースト。市民の皆様への感謝の気持ちとこの学報創刊にまつわる話について書いています。
 また記念号ということで、函館校草創期の元職員や卒業生が寄稿してくれました。それぞれがどのような気持ちで入学したのか、また在学中過ごしたのか、そして現在…と話は様々です。
 そのほか、4月に入学した1年生たちの寄稿もあります。新入生からの寄稿では慣れない一人暮らしに寂しさを感じつつも、ロシア語学習への意欲を感じる文章となっています。是非、ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年07月04日

大門合同学生祭に「コール八幡坂」が出演、「ピロシキ八幡坂」が出店します

 7月6日(土)、7日(日)、はこだてグリーンプラザで開催される大門合同学生祭に、「コール八幡坂」がステージ出演し、「ピロシキ八幡坂」が出店をします。
 コール八幡坂は、7月6日(土)16:15~16:30頃の時間に出演します。
 ピロシキ八幡坂は、6日(土)・7日(日)両日ともに出店します。本校が今まで提供してきていた「肉ピロシキ」と「りんごピロシキ」に加え、昨年学生たちで考案した、ロシアの伝統的なサラダを具材に使用した「ヴィネグレットピロシキ」の計3種のピロシキを販売します。
 さらに今回は、ロシアで広く親しまれている飲み物「モルス」も販売します。これはベリー系の甘い味わいにレモンの風味を加えて、さっぱりした味が口に広がる仕上がりになっております。お子様からご高齢の方までおすすめの飲み物です。

他では体験できないロシアの世界に浸ってみませんか?


7月6日(土)14:00~20:30
7月7日(日)10:00~16:00

ヴィネグレットピロシキ 250円
肉ピロシキ       200円
りんごピロシキ     200円
モルス(ジュース)   100円


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年07月02日

コール八幡坂 練習佳境!

 いよいよ今週に迫った開校25周年記念コンサート 「『極東の窓』から」。
 2曲披露するコール八幡坂の練習も佳境に入りました。民族衣装を着て、芸術ホールの舞台をイメージしたフォーメーションで練習を積んでいます。
 チケットをお持ちの方、ご期待くださいね!
 
 *なお、チケットは予定枚数に達したため、配布を終了しておりますのでご了承ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年07月01日

2019年極東大学オリジナルカレンダー 7月は??

<7月>沿海地方水族館(ウラジオストク)
 
 2017年に完成したウラジオストクのルースキー島にある沿海地方水族館です。市街地からバスやタクシーで1時間程のところにあります。
 建物は貝殻をイメージしているようで、真ん中が真珠のように光っています。そこが建物の入り口。しかし、この入口にまで行く間にも小さな子どもが遊べる遊具のある公園や、巨大な恐竜やイカのオブジェなどの足を止めたくなる誘惑があり、なかなか建物まで着きません。
 さぁ、いよいよ建物に入るぞ!魚を見るぞ!と思って一歩踏み入れると、出迎えてくれるのは、またもや大きなクジラとシャチのオブジェ。生身の魚の展示の部屋は奥の方で、なんと地球の誕生、生命の誕生という壮大なスケールから展示が始まります。
 日本の水族館とは少し雰囲気が違いますが、イルカやアシカのショーもあり、魚の水槽は極東ロシアのアムール河やハンカ湖、バイカル湖、日本海に生息する生物の展示をしています。
 一日じっくり楽しめる現地でも人気のお出かけスポット。ウラジオストクを訪れた際には是非訪れてみてください。
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2019年06月18日

高実希子さん&コール八幡坂の練習風景

 7月4日(木)の開校25周年記念コンサート“『極東の窓』から”では、函館校の合唱グループ・コール八幡坂も歌います。
 グランドフィナーレでは、ピアニスト高実希子さんの伴奏で合唱曲「はこだて賛歌」を披露するため、極東大学の講堂で音合わせを行いました。

 「はこだて賛歌」とは、函館市民なら誰もが歌えると言っても過言ではない、市民にとってとても親しみのある曲です。それを今回は、作詞 前川和吉氏、作曲 廣瀬量平氏のご遺族の承諾を得て、ロシア語に翻訳したものを歌います!

 

 高さんがピアノを奏でると、さすがの響きにどよめきが起こり、学生も必死になって歌いました。
 歌唱指導もしていただき、学生が伴奏するピアノについてもアドヴァイスをいただくと、格段に歌いやすく、声も出るようになりました。
 当日ご来場のみなさま、どうぞお楽しみに!

 

*なお、チケットは予定枚数に達したため、配布を終了しておりますのでご了承ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。