月別過去の記事

2021年01月21日

20世紀におけるロシアのジャズ歌手、レオニード・ウチョーソフ

一般向け文化講座「はこだてベリョースカクラブ」の今年度第4回目の講話内容です。
テーマ:「20世紀におけるロシアのジャズ歌手、レオニード・ウチョーソフ」
講 師:スレイメノヴァ・アイーダ(教授)


 今日は、ソ連時代に愛された歌声を皆さんに聞いていただきたいと思います。ロシアのジャズを語る上で、外せないのが「レオニード・ウチョーソフ(1895-1982)」という人物です。
 ロシアのジャズ史が始まったのは1920年代のことです。モスクワで行われたアマチュア演奏家によるコンサートがきっかけです。ジャズは、瞬く間に広がり、アレクサンドル・ツファスマン、アレクサンドル・ヴァルラーモフ、エディーロウネル等のジャズ・オーケストラが民衆の心をとらえ、彼らが演奏する曲は毎日のようにラジオから流れました。1930年にはこうしたラジオから流れる曲やレコード、あるいは生のバンドが演奏するジャズに合わせて人々は踊りました。
 またこの当時、アメリカのジャズの名曲がレコードによって輸入されました。例えば、ディズニーのアニメーション『白雪姫』(1936)の挿入歌「いつか王子様が」をヴァルラーモフのオーケストラがアレンジした曲がヒットしました。
 しかし、海外のジャズ・ミュージシャンはソ連で政治的関係から禁止されるようになります。地元のジャズ・バンドは多少生き残ることはできましたが、演奏活動の制限が設けられました。楽器のサックスはアメリカのジャズの象徴だったため、捨てられることもありました。
 この1930年代に活躍し、今も人気があるのがレオニード・ウチョーソフです。サーカスの道化を経て、寸劇を入れたショーをやっていた彼は、パリやベルリンをめぐる中でジャズと出会い、演劇とジャズを合体させたグループ「テオ・ジャズ」を主催し、話題となりました。彼は映画の主演も務め人気を博しました。中でもウチョーソフが主演したジャズ・コメディー映画『陽気な連中』(1934)は、政府の見解も「アメリカ風のコメディー」ということで国としてはあまり良いイメージではなかったのですが、スターリンも気に入ってこっそり観に行っていたと伝えられています。
 第二次世界大戦になると、軍隊の士気を高めるために、前線の慰問でも活躍しました。勝利の日(1945年5月9日)にはモスクワで演奏会も開きました。こうしてジャズは、国内で少しだけ盛り上がりを見せたのです。でもそれも一瞬でした。戦後、冷戦がはじまるとジャズ音楽はまた中傷されるようになります。
 ジャズが大きくロシアで認められるようになったのは、1960年代です。新しいバンドが結成され、ジャズに関する本や映画がたくさん公開されました。そしてまた多くの市民が彼に夢中になったのです。
最後に、彼の作品を見て終わりましょう。

・«Одесси́т-Ми́шка» 「オデッサのミーシカ

・«Гоп со смы́ком» 「ホップー・ソ・スムィコム
 
・«ТЕА-ДЖАЗ» Утёсова 「TEAジャズ

・«Весёлые ребя́та» 「陽気な連中

・«СЕ́РДЦЕ»「」 

・Ста́рая пласти́нка 「古いレコード


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2021年01月20日

2021年極東大学オリジナルカレンダー好評発売中!

 「親愛なる友人たちよ。
 今、この瞬間、国全体に愛するすべての人のために、愉快なこと、平和、繁栄、幸せと喜びを夢見てみましょう。
 我々が共にいるからこそ、皆さんの一人一人に感謝の気持ちをお伝えしたいのです。そして我々が隣に立つ人を信頼できると感じたなら、ロシアは一つの大きな家族となります。
私は自分の愛しい人や親しい人に祈るように、皆様の健康、信仰、希望、そして愛を心からお祈りしております。これから迎える2021年に皆様に幸せが訪れますように。
親愛なる友人たちよ、あけましておめでとうございます。」

 これはコロナ禍での今年のプーチン大統領の新年の演説です。この演説のあとすぐに、この塔の時計がアップで映され、ロシアでは2021年1月1日を迎えました。
 この塔はロシアの時間の象徴で、15分、1時間ごとに鐘が鳴ります。
 私自身、赤の広場には何度も訪れましたが、その度にこの塔の存在感に圧倒されました。もし次モスクワに行く機会があれば、また必ず見に行くでしょう。

 

 「2021年 極東大学オリジナルカレンダー」は、おかげさまで好評発売中です。購入方法についての詳細はホームページをご覧ください。
 今年も毎月の写真について、この場で解説をしていきたいと思います。
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2021年01月13日

ミリオン・ズビョースト 第106号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第105号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、倉田 有佳教授による「コロナ禍の渦中にあって想うこと」です。モスクワで生活していた頃に体験したルームメイトとの小旅行の話から昨今の状況について書かれています。

 そのほか、今回の号は学生からの寄稿が数多く寄せられました。コロナという予期せぬ事態にウラジオストク留学実習や海外インターンシップは延期や中止を余儀なくされましたが、そんな中でもオンラインで行ったプーシキン大学短期留学やJTインターンシップなど様々な活動に参加した学生の声がうかがえます。ぜひご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

新成人おめでとう!

 С Новым годом(新年おめでとうございます)!
 今年も「極東の窓」をよろしくお願いいたします。

 1月11日(月・祝)は成人の日でしたね。函館校にも大人の仲間入りをした学生がいます。しかし今年は、コロナ禍で成人式が中止や延期になった街も多く、函館市成人祭も残念ながら中止となりました。
 そんな中、少しでも新成人を盛り上げようと、函館市では「新成人お祝い企画」を実施しています。函館校でも玄関に「函館 新成人おめでとう 令和3年」の横断幕を設置し、応援の気持ちを表しています。新成人のみなさん、おめでとうございます!
 
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2020年12月28日

2020年という年

 いつもの年のように、今年もまた暮れようとし ています。しかし、地球に住むどの人にとっても、今年は本当に困難な一年となりました。

 図らずも函館校にとっては、いつも以上に新しいことに挑戦する年となりました。
 例えば、今年度実施する入学試験は、すべてオンラインに変更されました。昨年までは4回のうち3回を函館校で行い、1回だけ東京会場で実施していました。受験生にとってオンライン入試は、函館あるいは東京会場までの移動時間と旅費を掛けず、また面接官と対峙する緊張も少なく受けられるメリットがあります。しかし面接官であるこちら側は、相手のことをより一層知るために、またこちらも相手に誤解させないよう、入学後の勉学や学生生活に向かう覚悟を確認する緊張感があります。オンライン授業もそうですが、いつもと全く同じとはいきませんから、準備や工夫が必要です。

 今年の授業最終日の放課後、教職員室で「年忘れTeaパーティー」を開催しました。といってもこのコロナ下、大勢での飲食ははばかられますので、ペットボトルの飲み物と個包装のお菓子を用意し、銘々好きなものを持ち帰ることができる形式です。今年は春の新入生歓迎会や、言語まつり「АБВГ-Day」終了後のお茶会もできなかったため、せめてこのぐらいは、という趣旨です。密を避けるため、学生と教職員が五月雨式にやってきては、一言二言近況や来年の抱負などを述べました。

 その時の話題として、函館校10大ニュースを出し合いました。10以上出ましたし、プライベートな内容もあるのでここには掲載しませんが、まさかの休校・オンライン授業をローテクながら力を合わせて何とかしたことや、卒論アーカイブ作業・ランチプロジェクトなど、学生自治会が「みんなの学校」意識で取り組んだ活動、全道ロシア語弁論大会4連覇や、「“極東の窓”から2」と題し、昨年の開校25周年の続きを内輪でこっそり開催したことなど。たとえ形を変えてでも継続してやり続けること、新しいことを始めていくことが大事だと思える一年でした。

 さて、極東大学オリジナルカレンダーの販売は今年で5年目となり、毎年問い合わせも多く、とても嬉しく思っております。今年はウラジオストク留学もサンクトペテルブルク・モスクワへの海外インターンシップも中止、モスクワにあるプーシキン大学への語学留学はオンラインに変更されました。つまり学生がロシアに行くことができなかった年でした。したがって新しい写真が集まらず、昨年まで撮りためた中からカレンダーを作りましたが、そうとは思えない、よい仕上がりになりました。この収益は学生自治会に繰り入れ、ランチプロジェクトなど学生活動の支援に充てられますので、まだの方はどうぞお求めください。そして来年は、また自由にロシアと行き来できるようになっていたいものですね。

今年もこの「極東の窓」をご愛読いただき、本当にありがとうございました。みなさまに取りまして来年がより良い一年となりますよう。

        

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2020年12月14日

ロシアのお茶と歴史と伝統

一般向け文化講座「はこだてベリョースカクラブ」の今年度第3回目の講話内容です。
テーマ:「ロシアのお茶と歴史と伝統」
講 師:パドスーシヌィ・ワレリー(教授)

 飲み物の中で何が一番好きかロシア人に尋ねたなら、「もちろんお茶(紅茶)です」と答えるでしょう。いつからそれほどまでにお茶はロシアの国民的な飲み物となったのでしょうか。
 最初にお茶を飲み始めた方法と時期についてははっきり分かっていません。お茶という植物「Chinese camellia」の始まりは東アジアです。おそらくインドシナで育ち、そこからアジアの他の地域に広がりました。それを飲み物とした始まりは。中国南西部、現在の雲南省と考えられています。この地域の住民は4000年も前にお茶を飲み始めました。当初、お茶は薬と考えられていました。10世紀ころから、最初は中国で、次に東アジア全体で飲まれる日常の飲み物になりました。
 お茶の呼び名は中国の様々な言語や方言(チャ、タ、テなど)で発音が異なる中国茶に由来しています。ロシア語の「お茶」という言葉は明らかに「ツァイ」と聞こえるモンゴル語から来ました。そしてこの言葉はロシア語からブルガリア語、セルビア語、チェコ語等ほかのスラブ言語に伝わりました。
 現代のロシアで最初にお茶を飲み始めたのは、シベリアと中央アジアの人々でした。ここへは何世紀も前に中国から直接伝わりました。ヨーロッパロシアの地域の人々がお茶に出会ったのはそのずっと後のことでした。
 ロシアのお茶の歴史は、17世紀の前半に始まりました。1638年にモンゴルの支配者が当時の皇帝に贈ったのが最初です。お茶が中国から直接モスクワにもたらされたのは更にあとの1665年のことでした。皇帝アレクセイ・ミハイロビッチが味わい、次に彼に最も近い貴族たちが続きました。彼らはお茶を気に入ったようです。それ以来、お茶は中国から定期的にモスクワに届けられました。
 お茶はロシアにとってかなり高価な嗜好品でした。モンゴルと満州を経由して陸路で輸送されたため、お茶の値段はヨーロッパでの約10倍でした。ヨーロッパへは中国から海路で運ばれましたが、海上での輸送はお茶の品質低下をもたらしていました。
 19世紀半ばになると、シベリア鉄道が建設されたため、19世紀の終わりにはロシア国内全域で一般的な飲み物となっていました。
 お茶の価格は大幅に下がり、全国にいわゆる喫茶店ができました。また「人をお茶に招待する」という新たな来訪の習慣が生まれました。モスクワはロシアの「お茶の都」になり、モスクワではお茶が主な飲み物となりました。本物のモスクワのお茶は、非常に熱く、良質の茶葉で、必ず強く濃く入れたものでなければなりません。
 ロシアのお茶でかかせないものに「サモワール」があります。当初サモワールはお茶ではなく、蜂蜜、スパイス、ハーブを使った伝統的な飲み物を淹れていました。古典的なサモワールは、少なくとも5リットルの容量を持つ金属製の容器です。中には木炭で満たされた金属パイプがあり、木炭が燃焼すると、水を沸騰させます。20世紀には電気サモワールが登場しましたが、専門家は最もおいしいお茶は伝統的な木炭サモワールで淹れたものであるといいます。
 このようにして、19世紀の間に、ロシアではお茶の消費は事実上国民の伝統となりました。ロシア国内での茶葉生産を考え始め、クリミア戦争後にグルジアで実現しました。
 現在のロシアでお茶が生産される唯一の場所はクラスノダールです。1923年、クラスノダールティーは世界最北端のお茶であり、特別な賞を授与されました。また今日ロシアの店では、インド、スリランカ、中国、そして日本などの様々なお茶の種類を見ることができます。今では、どんなお茶も専門のオンラインストアで購入できます。
 しかし、ロシアで最も好まれるお茶はやはり紅茶です。毎日欠かさず、家族と、友人とお茶を楽しみます。皆さんも今夜は家族で紅茶を飲んではいかがですか?
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2020年12月01日

2020年オリジナルカレンダー 12月は??

<12月>モスクワのクリスマス

 新年の前である12月のモスクワは寒さも忘れるような、豪華な街景色に包まれます。
 この写真だけではなく、美しいクリスマスイルミネーション(本当は新年に向けてだが)を長い期間楽しむことができます。
 モスクワの観光名所であるボリショイ劇場周辺や赤の広場も美しくイルミネーションで飾られ、小さな出店やスケートリンクも設営されます。特に赤の広場の近くで見た、雪の巨大滑り台を滑っていた子供たちの楽しそうな風景が私の記憶に残っています。
 次は是非、гумやцумと言った大型ショッピングセンターも十分時間をとって巡りたいと思っています。

 2021年オリジナルカレンダーは近日発売予定です。。詳しくはホームページに掲載しますので、どうぞお買い求めください。

 
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。