◆ 以下は、記事NO. 38971 に関する返信フォームです ◆
No.38971 霧の中から現れるロシア投稿者:アストライアの会 - 2018/03/22(Thu) 14:26:31
東方の大国、ロシア誕生秘話
 古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは「黒海の北にネウロイと呼ばれる民が住んでおり、彼らは一年に一度オオカミに変身する。」と記している。  
彼ら北方の森の民、東スラブ人は文字すら持たず、世界史にその姿を現すのは、この地にやって来たノルマン人との関わりを待たなければならない。ロシア人自身の手による最も古い歴史書「原初年代記」によれば、小さな部族同士で争っていたこの地の民は、関わりのあるノルマン人達に統治を願い出たとされる。
半ば伝説上の人物リューリクに率いられたノルマン人はノヴゴルド公国を建設する。やがて彼らはドニエプル川のほとり、水上交通の要衝にキエフ公国を打ち立てる。そしてバルト海から黒海を渡り、ビザンチン帝国の都に到る南北の通商路を確保するに至る。更には東西に拡がる草原の道と連なり、それが十字に交差するこの地域一帯の支配者「ルーシ」、後のロシアとして古代の闇と霧の中から隠然たる姿を現すのである。 
               
「世界古代文明の謎を探る」(20)古代の霧の中から現れるロシア
主 催 アストライアの会  協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会 
ゲスト 中神美沙東京工芸大学非常勤講師 ロシア語通訳・翻訳家 
日 時 平成30年5月12日(土)午後2時から5時
場 所 豊島区イケビズ第2会議室(池袋駅西口より池袋消防署の先に、徒歩約8分)
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストの方々を交えたお茶会です)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com

おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
文字の色