◆ 以下は、記事NO. 38681 に関する返信フォームです ◆
No.38681 発音についてです。投稿者:カズカリ - 2017/04/13(Thu) 00:26:08
ロシアにオビ川がありますが、綴りはОбьです。
бは単語の語末にくると軟音記号のьが付いても
無声化するので正しい発音は「オピ」になるのでしょうか?


No.38682 Обьの発音投稿者:ゆきのかけら - 2017/04/13(Thu) 07:58:29
ご存じのことと思いますが、オビ川(Обь)の「ь」は軟音記号 (мягкий знак ミャーフキー・ズナーク) と呼ばれ、前の子音を軟化させます。

例)пять (ピャーチ/5), ось(オーシ/軸), пыль(プィーリ/埃), угорь(ウーガリ/うなぎ), обувь(オーブフィ), связь(スヴャーシ/繋がり)

ご指摘のように「б」が語末にあるか、無声子音の前にくると、無声音(глухой звук)となって「п」になります。

例)зуб(ズープ/歯), хлеб(フレープ/パン), общество(オープシェストヴァ/社会)

「Обь」の「бь」は、「ь」がついているので、軟化され、「пь」(ピィ)の発音になります。ただ、「п」(プ)は無声音(глухой звук) ですが、「пь」(ピィ)は有声音(звонкий звук)です。

参考:ПЬ, Б, БЬ, М, МЬ. Нарушения произношения губных звуков и их коррекция
http://vashlogoped-online.ru/narusheniya-rechi/pravilnaya-artikulyatsiya-gubnyih-zvukov-p-p-b-b-m-m-narusheniya-proiznosheniya-gubnyih-zvukov-i-ih-korrektsiya

「Обь」は、「О」に力点(ウダレーニエ)が置かれ、伸ばして読むので、[o:p']。あえてカタカナで表すと「オーピィ」になります。

次のページで「Обь」をネーティブの人が発音しているのが聞けます。ぜひ正確な発音を確認してみてくださいませ。(三角形のマークをクリックする)

произношение Обь: Как произносится Обь
https://ru.forvo.com/word/%D0%BE%D0%B1%D1%8C/

でも、これを聴くと、「Опь」(オーピィ)と発音している人と、「Обь」(オービィ)と発音している人がいますね。発音ルール上は上記の通りだと思うのですが、実際の発音は、人によりばらつきがあるのでしょうか。

このあたりは私にもよく分かりません。すいません。(_ _)

ちなみに英語では、オビ川は Ob で、[əʋb]と発音します。


No.38683 ありがとうございます!!投稿者:カズカリ - 2017/04/13(Thu) 17:59:11
最高に分かりやすい説明でした!!
リンク先の音声も聴かせていただきました。
その後偶然モスクワ出身のロシア人女性にこの質問を
尋ねる機会が出来たのですが「オーピィ」(←カタカナ表記では上手く伝わりませんが)と発音していたので
自分の考えていた発音通りだと安心しました。
また質問すると思いますが、よろしくお願いいたします。


No.38684 「П」と「Пь」と「Бь」の違い(訂正)投稿者:ゆきのかけら - 2017/04/13(Thu) 22:20:26
丁寧なレスをいただき、ありがとうございます。

すいません。先ほど、

「「п」(プ)は無声音(глухой звук) ですが、「пь」(ピィ)は有声音(звонкий звук)」

と書いたのですが、前述のページ

ПЬ, Б, БЬ, М, МЬ. Нарушения произношения губных звуков и их коррекция(ПЬ, Б, БЬ, М, МЬ。唇音の発音規則違反とその修正)http://vashlogoped-online.ru/narusheniya-rechi/pravilnaya-artikulyatsiya-gubnyih-zvukov-p-p-b-b-m-m-narusheniya-proiznosheniya-gubnyih-zvukov-i-ih-korrektsiya

をよく読み直してみたところ、「П」と「Пь」と「Бь」の違いについて、次のように書かれていました。

******
「П」は、無声音(глухой звук) で、声門は開いている。
(Артикуляция звука П(Пの調音)の図を参照)

「Пь」については、「П」の調音の仕方と似ている。しかし、舌の中後部が盛り上がって、硬口蓋に近づくところ。そして、唇が歯によりくっつき、唇の両端が若干、両側に引かれるところが違っている。(しかし、図では、声門は開いており、無声音だと分かります)
(Артикуляция звука Пь(Пьの調音)の図を参照)

「Бь」については、「Пь」の発音と全く同じ。しかし、声門が閉じているところだけが違っている。「Бь」は有声音(звонкий звук)。
(Артикуляция звука Бь(Бьの調音)の図を参照)
******

つまり、「П」は声門が開き、無声音。「Пь」もどうやら声門が開き、無声音。「Бь」は「Пь」と同じ発音だが、声門は閉じ、有声音。

とのことです。(ちなみに声帯の振動を伴うのが有声音。振動しなければ無声音です)

もしかすると、このあたりが、前記のリンクのサンプルで、「Обь」を、「ОПь」(オーピィ)と発音している人(無声音の人)と「ОБь」「オービィ」と発音している人(有声音の人)がいる(ように聞こえる)理由かもしれません。

しかしながら、「Обь」の「бь」は語末にきているので、無声音となり、「Пь」と全く同じになるはず。やはり、そのモスクワご出身のロシア人女性の方のように、「Обь」は「ОПь」(オーピィ)と発音するのが正当のように思えます。

голубь(鳩)も、голуПь(ゴールピ)と発音しますしね。


以上、お詫びして訂正・追加いたします。ロシア語の勉強、がんばってください。
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
文字の色