◆ 以下は、記事NO. 38660 に関する返信フォームです ◆
No.38660 困っています(ToT)投稿者:カズカリ - 2017/03/19(Sun) 17:24:14
ロシア語に堪能な方に教えていただきたいのですが、
普通「私の名前は〜」をロシア語で言うと
Меня зовут ○○.になりますが、
この動詞зовутを最初辞書で調べても活用された形ゆえに
載っていませんでした(見つかりません)。
зватьという動詞であることがネットで検索して
ようやくわかりました。全然形が変わってしまっていますよね。
もしロシア人にある文章中の動詞の不定形を教えて
もらいたいときに「この動詞の不定形(原形)は何ですか?
(もしくは、どう綴りますか?」と
ロシア語で問う最適な文は何でしょうか?
よろしくお願いいたします。


No.38665 Re: 困っています(ToT)投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/21(Tue) 17:55:38
ロシア語の動詞は人称で、規則はあるものの、かなり多様に変化するので、難儀しますよね。

3人称複数(зовут)を引くときに、不定形(звать)を知らないという辞書を引けないという悩み、よく分かります。

でも、注意深く辞書をにらむとヒントが見つかるかもしれません。

例えば、20年以上私が肌身離さず持ち歩いてきた「コンサイス露和辞典」(4冊つぶして、今はCASIO EX-wordを愛用中)には、「зовут」の見出し語はありません。でも「зов」の後を見ていくと「зовёшь. зову → звать」という見出し語が出てきます。電子辞書だとジャンプ機能が使えるので、比較的容易に「звать」にたどりつけます。

また、PCでは、私はLINGOESという中国人が作ったフリーのポップアップ辞書をずっと使っています。これに露露辞書、露英辞書、英露辞書、英和辞書などをつっこむと、複合的に一気に検索できるのですごく便利で、手放せなくなってます(露和・和露辞書がないのが残念ですが、英語を介することで大概の場合はことが足ります)。

これで、画面の「зовут」の上にカーソルを持っていって指定のキー(私の場合はCtrl+右クリック)を押せば、見出し語を持っている辞書(Universal Russian-English Dictionaryなど)が反応して、自動的に「звать」を表示してくれます。いつもうまくいくとは限りませんが、かなりカバーしてくれます。(このLINGOESはかなり使えるので、ロシア語にかかわらず語学学習者から専門家までおすすめです。興味ある方はググってください。ただ辞書によっては著作権的にはグレーな部分もあるので自己責任でお願いします)

* * *

「不定形」はロシア語で
инфинитив

かみくだいて言うと
словарная [начальная] форма глагола

専門用語的には
неопределённая форма глагола

といいます。

「この動詞の不定形(原形)は何ですか?」は、 ロシア人の先生であれば
Какой [Каков] инфинитив этого глагола?
と言えば通じると思います。

でも、一般のロシアの人は(学校で習ったはずなのに)文法用語にうといので
Какая [Какова] словарная форма этого глагола?
と言えば分かってくれるかもしれません。

「どう綴りますか?」は、

Как (это) написать?
(それは)どう書きますか?

とか

Как пишется слово "○○"?
○○という単語はどう綴りますか?
Как правильно писать "○○"?
○○の正しい書き方は?

とかでいいと思います。

* * *

私が、ロシア人の先生に習うようになったとき、あるいはロシアの大学に通うようになったときに、痛感したことは、まずは文法用語のロシア語での言い方を覚えておいたほうがいい、ということでした。怒濤の勢いで(先生のペースで)すべてロシア語で授業が進められる中で、「その単語の格は何ですか?(Какой падеж этого слова?)」とか「この文章の構造が分かりません(Я не понимаю структуру этого предложения.)」などと、きちんと質問(不満を表明(^_^;)できると、自分主導に流れを取り戻せるし、自分が分からないところを説明してもらえるので、すごく助かります(それでこそ授業料を払っているかいがあるというものです)。ロシア語で書かれた教科書にもこういう用語はたくさん出てくるので知っておく必要があります。

ところが、日本で出版されている多くの教科書や、重要単語集、あるいはリーディング教材の中には文法用語は日本語でしか出てきません。最初に覚えるべきロシア語の最重要単語と思われていないからです。しかし、ロシア人の先生に習うのであれば、例え初級〜中級であっても、最初に覚えるべきは、最低限の文法用語のロシア語での言い方であると、私は思います。

それらと質問の仕方を知っていれば、世界はどんどん開けてきます。まるで、アムチトカ島に漂着した大黒屋光太夫が、「エト・チョワ」 (Это чего?/これは何?)という言い方を知ったことで、現地のロシア人をつかまえては聞いて、どんどんロシア語を覚えていったように…。

文法用語のロシア語での言い方と、質問の仕方を丁寧にまとめてくださっているページがありますのでリンクさせていただきます(すでにご存じでしたらすいません)。

ロシア語講座の部屋
http://www11.atpages.jp/te04811jp/page1-11-0.htm


No.38666 Re: 困っています(ToT)投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/21(Tue) 18:33:54
それからウィクショナリーロシア語版(Русский Викисловарь)。変化形で検索してもだいたい対応してくれるし、すべての変化形が力点付きで載っているので重宝します。

https://ru.wiktionary.org/wiki/%D0%97%D0%B0%D0%B3%D0%BB%D0%B0%D0%B2%D0%BD%D0%B0%D1%8F_%D1%81%D1%82%D1%80%D0%B0%D0%BD%D0%B8%D1%86%D0%B0

まあ、単に「зовут слово」とgoogleで検索しても必要な情報はでてくると思います。


No.38667 助かりました!!投稿者:カズカリ - 2017/03/21(Tue) 21:58:35
本当にご丁寧なアドバイスと情報をいただきロシア語初学者の
自分としては助かります。
私もカシオの電子辞書にロシア語のコンテンツを追加してるのでご説明いただいた通りに検索するとзватьが探せました。
私は昔フランスに住んでいたのですが、その語学準備で都内の
某フランス語学校に通っていました。
そこの有名なスパルタクラスでは文法用語をフランス語で説明出来るよう特訓させられるのですが、
このおかげで現地の語学学校の先生に質問するときに他の日本人より難無くコミュニケーション出来たので
ロシア語においてもこれは必須だと思います。
ラテン系の言葉(フランス語やイタリア語)でさえ
文法がややこしいのに、ロシア語はさらに輪をかけて
難解極まりないですが頑張ってみたいです。


No.38668 わたしのロシア語勉強法(^_^;投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/23(Thu) 00:05:39
以前フランスに住んでおられたのですね。フランス語の学習経験は、きっとロシア語の習得に活かされるのではないかと思います。まずは「やればできる」という成功体験。それから「この段階でこれをやればよい」「これはやらなくてもいい」という方法論への確信。外国語の学習は普通の人にとってはマラソンのようなものなので、この体験と確信は、くじけないで長い長い道を走り通すための道しるべとなるはずです。

ロシア語の動詞は完了体と不完了体という体の概念あり、6つの人称変化あり、また、過去形、命令形、形動詞(能動形、受動形)、副動詞ありと、なんでもありありでの変化てんこもりで、学習者は気が遠くなることでしょう。また、名詞や代名詞は日本語の「てにをは」が単語にひっついているような「格」があって、語尾が変化します。これに形容詞もあわせ、それぞれが連動して変化しますね。それらは複雑な生物の動きをも連想させます。

私も含め日本人はまじめで、「よし暗記だ」と変化表をにらみつける人もいるでしょうが、私の個人的な経験からは、それはやめたほうがいいと思います。

ある程度(初級〜中級)の教科書を終えたら、文法を覚えられなくても、早めに切り上げて、生のロシア語に挑戦すべしです。できるだけたくさんのロシア語のマテリアルを読んだり、聞いたりすることです。語学はスポーツや楽器の練習に似てますね。大切なのはExposure、つまりその言語に身をさらすことだと、15カ国語以上習得された私の敬愛するPolyglot のスティーブ・カウフマン氏は言っています。

彼によると、たくさんたくさん聞いて読んでいるうちに、脳がきたえられ、脳の構造が変わっていき、少しずつ少しずつですが、分かるようになるとのことです。私もそう思います。覚えようと思っても覚えられるものではなく、大量のインプットに脳が仕方なくその言語に慣れていくのです。でもそのためにはやっぱり時間はかかります。不安だと思いますが、毎日少しずつでもその言葉と接し、きっと分かる日が来ると信じて続けることです。それを続けるには、モチベーションが重要となり、それゆえ、聞いたり読んだりするマテリアルは、例え補助教材であっても、できるだけ面白いもので、自分が好きな内容で、かつ自分のレベルに合ったものを選んだほうがいいです。

そうして、ロシア語にある程度頭が慣れたあと、教科書や文法書を見ると、あら不思議、あんなに難解だと思ったものが、案外すんなり頭に入ってくると思います。文法書はあくまで分からないことが出てきたとき、その都度ちらっと見るだけでいいと思います。本来の目的はコンテンツ。書いてあること、言っていることを理解すること。自分が好きなコンテンツを聞いて聞いて、読んで読みまくりましょう。ロシア語の場合、単語が長いので、音で覚えた方が楽だし、リスニングは、脳が即時に外国語に対応するためのトレーニングとして効果的です。リーディングは単語を調べる余裕があるので、ボキャブラリーの増強に有用です。これらのコンビネーションがある日「あ、分かる」という奇跡を呼びます。

本当にロシア語が難しいのは、文法ではなく、その膨大な単語とイディオムの量だと思います。それゆえ文法書よりも辞書が大切と私は考えます。「多読は辞書を引いてはダメ」とか、いろんな考えの人がいますが、私は辞書は手元に置いて分からない単語があれば、適度に引いたほうがいいと思います。分からない単語は何度見たって分からないですから。それに今はPCやスマホなら簡単に単語の意味を調べられます。単語帳に書いて覚えようとしてもなかなか覚えられないと思います。何度も同じ単語を別のコンテクストで見てこそ、単語は覚えられるのであって、単語帳を作ったり丸暗記することは、あまり役に立たないと思います。その暇があったら別のコンテンツにとりかかったほうがいいと思います。と、たくさん単語帳をつくっては挫折してきた私は、今になって思います。

スピーキングは、こういった大量のExposureの後、ある程度何を言っているのか分かるようになってきてから挑戦したほうがいいと、私は思います。というのは、初級の段階でいきなり話そうとしても、相手の言っていることが分からないので、対応しようがないからです。教科書には会話例やロールプレイングが載っていますが、実際の会話の展開は予測できず、状況は多彩に変化します。とても会話集の丸暗記では対応できません。そんなとき、最低限相手の言っていることが分かれば、こっちは余裕を持って対応できます。

その時に、文法の知識が自分の瞬間露作文の時に助けてくれることに気がつくはずです。そして、文法どおりきちんと話せない自分に落ち込むことでしょう。でも、いいんです。会話の時に絶対的に必要な力は、必要な単語や言い回しが口から出てくるか、それが出てこないときは、別の言い方で表現できるかということです。最低限、単語のつぎはぎでもいい。でも、沈黙してしまえば、会話が止まってしまうし、必要なことを伝えられません。(言葉が出てこない! 英語でも外国人と話したことがある人ならば、誰しもそんな経験があるんじゃないでしょうか。)

ロシアの映画やドラマに、たまに外人が出てきますが、ロシア人の俳優は、外国人を演ずるときに、動詞を不定形にして話します。"Я хотеть есть что-нибудь."みたいに。そして、文法的にはおかしいですが、ちゃんと会話は成立しています。

どうやら「外国人の話すロシア語はそういうものだ」とロシア人は考えているようです。「外国人に我々の難解なロシア語が正しく話せるわけがない」と。でもコミュニケーションが成立すれば、彼らは「問題ない」と考えます。彼らのコミュニティーにも迎え入れます。でもそのためには外国人には、コミュニケーションに必要な単語は知っておいてもらいたいのです。

会話のときにロシア人が私たちに欲していることは、文法的な正しさではなく、その内容でしょう。だから単語やイディオムの習得を第一というスタンスでいいんじゃないかと、個人的には思います。

しかしながら、文法的に正しく話す外国人は尊敬されますので、文法的に正しく話そうとする目標を立て努力することは大切だと思います。でもそれは文法を暗記したり、問題を解きまくったりすることでの完璧を求めようとせず、大量のExposureをしながら、時々辞書や文法書をチラ見する、そして話すときには注意しながら話すという過程で、習得していくのが自然じゃないでしょうか。

えらそうに書きましたが、私のロシア語もまだまだで、いまだ勉強中です。おそらくこれらのことは、フランス語にもあてはまることで、ベストの学習法は、この美しく深遠な言葉を、おそらく苦労されて習得されたカズカリさんのほうがよくご存じだと思います。学習方法はほんとうに個々人様々で、それぞれの人にあったやり方があるので、それを見つけるのもひとつのチャレンジですね。私の意見は、ひとつの参考程度に聞いていただければ幸いです。

お互いがんばりましょう。
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
文字の色