◆ 以下は、記事NO. 38639 に関する返信フォームです ◆
No.38639 めんつゆ投稿者:在モスクワ一邦人の戯言 - 2017/03/11(Sat) 22:37:54
モスクワでめんつゆって売ってるとこ無いですか?
アーズブカには売ってないし・・
親子丼とか煮物とか時たま無性に作りたくなる時があります。

脈絡ないですがウラジオでまだピャンセって売ってます?
昔一時期住んでいた時によく食べてましたが。


No.38643 めんつゆの入手方法投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/12(Sun) 03:50:07
前は、「日ソ貿易」が経営する「ジャプロ」があったのですが、賞味期限を10年以上改ざんしていたことが発覚。4年ほど前に閉店になりました。ここで扱っている食料品はすごく高かったので、まあ金がない人は縁がなかったのですが、それでもモスクワでほぼ唯一の日本食料品専門スーパーで、モスクワ在住の日本人だったら誰でも知っている店だったので、みんなショックを受けました。

今は、「НИППОН Японский Супермаркет」(NIPPON イポンスキー・スペルマルケート)という店が、日本の食料品店を専門に扱っているようです。会社設立は2011年とのこと。ジャプロの閉店と時期が近いのが何かありそうな気もしますが。

モスクワ新婚生活!さんが、ブログで、豊富な写真付きでレポートしてくれています(感謝!)
http://moscow-life.hatenadiary.jp/entry/2017/01/31/132609

私は行ったことないのですが、雰囲気はジャプロに似てそうですね。

サイトはこちら
http://nippononline.ru/

ネットでも買えるようです。2000ルーブル以上の注文なら配送料無料とのこと。

探したら、ソーエヴィ・ソース(しょうゆ)のセクションに、めんつゆらしきものもありました。品質は分かりませんが、たぶん日本製でしょう。価格は270ルーブルとのこと。
http://nippononline.ru/about/contacts/

店の住所はこちら。クラーフチェンカ、ツヴィトヌィ・ブリバール、バリシャーヤ・トゥーリスカヤ、ナバスラボーツカヤと、モスクワには4店あるようです。
http://nippononline.ru/about/contacts/

Googleマップ
https://www.google.com/search?newwindow=1&client=ubuntu&channel=fs&biw=1284&bih=644&tbm=lcl&q=NIPPON+%D0%AF%D0%BF%D0%BE%D0%BD%D1%81%D0%BA%D0%B8%D0%B9+%D0%A1%D1%83%D0%BF%D0%B5%D1%80%D0%BC%D0%B0%D1%80%D0%BA%D0%B5%D1%82

Googleマップの「クチコミ」を見ると、ロシアの方が「とても高いが、選べる」とか「稀少品が見つかる。珍しいもの好きのマニア向けの店」(笑)とか書いてますね。

他にも、「FUJI-SAN」という日本食のスーパーマーケット(ネットショップ)もありますね。

ソースのページのリンクを。
http://fuji-san.ru/sousy-pasty/


「ジャプロ」なき今ですが、このように探せば、品切れでなければ「めんつゆ」も手に入ると思います。

でも、ここで手に入る既製品の「つゆ」や「たれ」は高いし、品質や賞味期限などにも不安もあるので、私は今は、鰹節(あるいは昆布)があるときは、自分で作ってます。水に鰹節(できれば+昆布)を入れ、沸騰させ、醤油と日本酒(あるいはみりん)と砂糖、塩を入れ、弱火で少し火を通せば完成。時間もかかりませんし、味も既製品よりおいしいです。日本酒やみりんがないときは、ウォッカと砂糖で代行。これでも大丈夫。十分いけます。ただしウォッカ入れすぎると酔っ払うので分量に注意。

おすすめです。


No.38644 ピャンセ!投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/12(Sun) 04:22:22
Пян-се(ピャンセ)、私もウラジオストックに行ったとき、食べました。でっかい肉まんですよね。韓国系のおねえさんが路上販売していて、試したのですが、ほくほく熱くて、肉がいっぱいつまっていて、うまいことうまいこと。モスクワにはないなつかしい味に感動しました。そして同じアジア人として、韓国系、中国系の人々への親近感も感じた旅でした。


No.38645 Re: めんつゆ投稿者:在モスクワ一邦人の戯言 - 2017/03/12(Sun) 12:29:37
ゆきのかけら さん、情報をありがとうございました。
NIPPON、覗いてみます。

自分で作るというのも手ですね。ただ魚系のだしですね、、
最近めんつゆを作ろうとしてстебель бамбукаの醤油と酒つまみ用の干し魚でやってみましたが結果は語るもがな。。

ピャンセについて、そうですね、極東にかぎらず、シベリアのブリヤートとかアジア系の人たちが多いと何となく親近感が沸きますね。
自分はなぜか邦人にはあまり沸かないのが不思議ですが・・











No.38647 Re: めんつゆ投稿者:める@RS-28 - 2017/03/12(Sun) 14:54:55
浦潮のПян-се、バリバリ売ってますよ!!(旧)極東大交差点のオバチャンがいないと困る人がいっぱいいます。

モスクワでも、サハリンのホルムスクが本店のその名も『Пян-се』という店が進出して今は数店舗あります(今みたら8店舗になっていました)
モスクワのピャンセは食べた事がないですが、値段が高いけどデカイそうです。お試しあれ!
http://www.pyan-se.ru/


No.38648 「ステーベリ・バンブーカ」とピャンセ肉まんの配達サービス投稿者:ゆきのかけら - 2017/03/12(Sun) 16:04:41
在モスクワ一邦人さん、レスありがとうございます。
ご自身でおつくりになることをおすすめしますよ。なんとか鰹節だけは手に入れて(でっかいサイズのもの(業務用?)売ってます)。他にもいろいろ応用できます。

なんか「ステーベリ・バンブーカ」ソースのこと忘れてて、ググって思い出したのですが、例の「竹竿」ソースじゃないですか(あれってロシア製?)。
でも、意外だったのが、「I Recommend.ru」というサイトのロシア人の評価が高いこと
http://irecommend.ru/content/sous-stebel-bambuka-chili-ostryi-i-chili-super(スーパーチリソース・バージョン)
みんな、そんなにうまいですか? 味覚が違うのか、それともロシアのサイトではお決まりのやらせか。

う〜ん、確かに、結果は見えていたかもしれませんね(^_^; 自分は味噌汁をつくるとき、入手困難な煮干しの代りにロシアの干し魚(ボーブラとか)で出汁がとれないかとやってみたことがありますが、あっさり失敗しました(>_<) ロシアの干し魚は、塩入れ過ぎなんですよ。味噌汁がしょっぱくなってしまって。

親近感の件。私も同じです。自分の場合は、留学していたとき、韓国人や中国人の留学生が優しくしてくれたのでよけいに。日本に住んでいるときはこの「親近感」が分かりませんでした。

めるさん、たぶんその極東大交差点のオバチャン(自分のときはおねえさんだったような)です。自分は極東大の寮に、学生でもないのに宿泊していました。

モスクワにも進出(?)していたのですね。

http://www.pyan-se.ru/サイトも教えてくださってありがとうございます。

ピャンセをケータリング(ДОСТАВКА)してるんですか〜(笑)。
ピャンセ食べたいけど、肉まんを出前で頼むという感覚にどうも違和感が…(^_^;

サイトのトップに、Что такое Пян-се?(ピャンセとは何か?)と大書されているのに笑ってしまいました。

そして

「ピョンセ、それはロシア極東部で普及しているストリートフードの一種」

との説明が…(^_^;

日本人だったら「肉まん(に似たもの)だよ」と一言言えば分かるものを。確かにちゃんと説明しないとモスクワの人には分からないですよね。でも肉まん知らない人で、この説明読んで、出前頼む人がいるのか?


No.38650 Re: めんつゆ投稿者:在モスクワ一邦人の戯言 - 2017/03/12(Sun) 22:02:51
さきほどцветный бульвар近くの店に行ってサンビシのめんつゆ買ってきました!
想像してたより品数豊富でわさびとかも衝動買いしてしまいました。
さっそく今夜はわさびとネギを薬味にして、いつもは「焼き」のsen-soyそうめんを久しぶりに「つけ」で食べてみます!
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
文字の色