◆ 以下は、記事NO. 7647 に関する返信フォームです ◆
No.7647 ロシア映画上映情報投稿者:Katz - 2017/07/08(Sat) 16:54:23
DVDスルーになるようなマイナーな映画を劇場上映してくれる『カリコレ』。
今年のプログラムにもロシア映画3本が入っています。

『カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017』
2017年7月15日(土)〜8月18日(金) 新宿シネマカリテ
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/

◎「パトリオット・ウォー 〜ナチス戦車部隊に挑んだ28人〜」(2016 ロシア)
(原題「28 Панфиловцев(パンフィーロフ隊の28人)」)
監督 キム・ドルジニン、アンドレイ・シャリオパ
出演 アレクサンドル・ウスチュゴフ、ヤコフ・クチェレフスキー
上映日 7月15日(土)18:30、17日(月・祝)13:00、18日(火)18:30、20日(木)21:00

1941年秋、カザフスタン人を中心としたパンフィーロフ師団の28人が、犠牲をいとわずドイツ軍の戦車部隊の進撃を阻止した話はロシアでは有名で、どこの戦争博物館でも紹介されています。
その英雄伝説を映画化。

◎「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」(2015 ロシア)
(原題「БатальонЪ(大隊)」)
監督 ドミトリー・メスヒエフ
出演 マリヤ・アロノヴァ、マリヤ・コジェーヴニコヴァ
上映日 7月18日(火)10:00、25日(火)18:45、29日(土)13:30、31日(月)10:00

こちらは第1次世界大戦時の実話。対ドイツ軍の最前線に送られた女性部隊の激戦を描いたドラマ。
マリヤ・コジェーヴニコヴァはこの作品で、2015年の金鷲賞助演女優賞を受賞。

◎「アトラクション−制圧−」(2017 ロシア)
(原題「Притяжение(引力)」)
監督 フョードル・ボンダルチュク
出演 イリーナ・スタルシェンバウム、アレクサンドル・ペトロフ、オレグ・メンシコフ
上映日 8月8日(火)12:30、15日(火)18:30、16日(水)15:30

「アフガン」(2005)、「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」(2008)のフョードル・ボンダルチュク監督によるSF超大作。
「太陽に灼かれて」(1994)などの名優オレグ・メンシコフが出演。


No.7668 Re: ロシア映画上映情報投稿者:Katz - 2017/10/28(Sat) 23:48:14
「アトラクション−制圧−」がレイトショー公開されました。
10月28日(土)〜11月3日(金)の1週間限定、夜1回の上映。
新宿シネマカリテにて。
「カリコレ」で見逃した方はぜひ。

http://qualite.musashino-k.jp/movies/3024/
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
記事の色