◆ 以下は、記事NO. 7618 に関する返信フォームです ◆
No.7618 2017年公開の映画投稿者:Katz - 2017/02/11(Sat) 17:18:56
各配給会社の2017年のラインナップがそろいました。
今のところロシア映画は、次の合作映画1本だけです。

◎「ハードコア」(2016 ロシア・アメリカ)
(原題「Хардкор」)
監督 イリヤ・ナイシュラー
出演 ダニーラ・コズロフスキー

2017年4月1日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

全編1人称視点によるアクションで、ゲームのような映像。
イリヤ・ナイシュラー監督は、ミュージックビデオが評判になり、この映画は長編第1作。
ダニーラ・コズロフスキーは、「フライト・クルー」(>>7611)で紹介していますが、いま旬の若手人気俳優。

http://hardcore-eiga.com/


ロシア映画ではありませんが、ロシア人が出ている映画は次の通り。

◎「ライカ/LAIKA」
監督 今関あきよし
出演 クセーニヤ・アリストラートワ

2017年春公開予定

ベラルーシで「カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜」、ウクライナで「クレヴァニ、愛のトンネル」を撮った今関あきよし監督が、モスクワで全編ロケした最新作。
オーディションで選ばれたクセーニヤ・アリストラートワは1992年生まれの新進女優で、2016年に国立演劇大学を卒業したばかり。

◎「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」(2016 イギリス・アメリカ)
監督 スティーヴン・カンター
出演 セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー

2017年7月、渋谷ル・シネマほか順次全国公開

セルゲイ・ポルーニンは1989年ウクライナ生まれのバレエダンサー。19歳で英ロイヤル・バレエの史上最年少のプリンシパルになりながら、その2年後に電撃退団。
マリインスキー劇場バレエの元プリンシパルで、モスクワ音楽劇場とノヴォシビルスク劇場バレエの芸術監督を兼任していたイーゴリ・ゼレンスキーに招かれ、両方の劇場のプリンシパルになりました。


No.7619 Re: 2017年公開の映画投稿者:Katz - 2017/02/11(Sat) 17:36:57
続き
◎「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち」(2016 フランス)
監督 マレーネ・イヨネスコ
出演 ウリヤナ・ロパートキナ

2017年7月 渋谷ル・シネマほか全国ロードショー

パリ・オペラ座の舞台裏に迫るドキュメンタリー。
ウリヤナ・ロパートキナはマリインスキー劇場バレエのプリンシパルダンサー。
マレーネ・イヨネスコ監督は、「ロパートキナ 孤高の白鳥」(2014)の監督。

◎「Iron Sky: The Coming Race(原題)」(2017 フィンランド・ドイツ・ベルギー)
監督 ティモ・ヴオレンソラ
出演 ウラジーミル・ブルラコフ

2017年公開日未定

地球の裏でナチス残党が地球侵略計画を進めていたというコメディー映画「アイアン・スカイ」(2012)の続編。
ウラジーミル・ブルラコフは1987年モスクワ生まれですが、8歳の時に両親と共にミュンヘンへ移住したので、ドイツ映画の出演が多く、ロシア映画には未出演。
おなまえ
タイトル
メッセージ
URL
イメージ [画像イメージ参照] 
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
タイトル色
記事の色